旅行記エピローグ / 東京を目指す旅~この坂を越えて~ - ゲニウス(北)の北海鉄旅いいじゃないか
「ゲニウス(北)の北海鉄旅いいじゃないか」

……ゲニウス(北)がお送りする、北海道を中心とした旅行・鉄道情報サイトです。

  1. トップページ >
  2. 乗り鉄な旅行記 >
  3. 東京を目指す旅 ~この坂を越えて~ >
  4. エピローグ

東京を目指す旅 ~この坂を越えて~(平成29年3月4~10日)

エピローグ(平成29.3.10)

3月10日。長かった「東京を目指す旅」も、この日をもって終了となります。

札幌から東京まで、足掛け5日をかけてやってきました。その後、1日半にわたって東京・神奈川を観光していました。ここまでの道のりを思い出しながら、この日の予定をこなしていきます。

この日は東京都内をあちこち巡っていきます。

浅草を出発して――

上野、

新宿、

秋葉原と――
東京の繁華街を歩きました。

人生で初めて新宿区に足を踏み入れるのにワクワクしたり、びっくりするほどの摩天楼に無性に感動したり、移動の中で乗り鉄を楽しんだり。

東京で過ごした時間は、あっという間に過ぎ去っていきました。


とうとう、羽田空港に向かう時間が迫ってきました。6日前に札幌を出たのが昨日のことのようなのに……。

空港に向かう前に、夕方に一旦浅草に戻って、宿に預けていた荷物を取りました。その後、浅草で夕食を食べて銭湯に入ります。これで、最後の移動に移る準備が整いました。

都営浅草線の浅草駅に向かい、京急線直通の羽田空港行きエアポート急行に乗車。ちなみに、車両は北総7500形でした。

品川を過ぎると、夜の闇に包まれた東京の街並みが見えてきました。眩しいほどの夜景は、まるでこれから飛び立つボクの背中を押すように、煌めきを増していました。


列車は蒲田から空港線に入り、しばらくして地下区間へ。天空橋を過ぎると、その次は羽田空港。とうとうここまで来ました。

列車を降りて、改札から出発ロビーへ。

……え? 「天空橋の次って、羽田空港国際線ターミナル駅じゃないの」って?

ええ、そうですよ。ボクが降りたのは、「羽田空港国際線ターミナル駅」です。

「まさか、お前……、その腰に巻いてるセキュリティポーチの中身ってひょっとして……」

察しがいいですね。そう、そこにはパスポートが入っています。


もうわかったでしょう。今回荷物がやたらと重かった理由。「東京を目指す」という旅の目的を達成し、「旅行最終日」が近づいていたのに、ここ2日間体力を温存しつつ行動していた理由。そして、ここ数ページほど、ぼかした表現がやたらと多かった理由。

すなわち、「この旅」とは札幌を出てから札幌に帰るまでを指すものではありません。

この「東京を目指す旅 ~この坂を越えて~」はここ羽田空港にてたった今完結し、ここから新たな旅が始まるのです!

そして、向かうは海外。ここまでの旅路とは全く違う旅が、ボクを待っているのです。


というわけで、羽田空港国際線ターミナルから、人生初の海外旅行に飛び立ちます。

さて、気になる行き先です。羽田空港からは世界各方面に航路が延びており、乗り継ぎを含めれば世界のほとんどの地域にアクセス可能です。

数多の国と地域から、ボクが初海外の旅行先として選んだのは――

マレーシアです!

「次の旅」は……

酷暑。

言葉の壁。

日本とは、大きく異なる生活や習慣。

人生で初めて足を踏み入れた海外。マレーシアという国は、何度となくボクを驚かせ、そして時にはボクを苦しめました。


それでも、ボクの心に燃える「情熱」は変わらない。


異国の鉄道に心を躍らせ、

さまざまな文化が入り乱れる中で形成された、独特のグルメを味わい、

好奇心のままに、マレーシアを北へ南へ、駆け巡りました。

暑さや疲れにやられつつ、慣れない環境で無理を続け、限界に近づきつつあったボクは――

不思議なほどに、笑っていました。

知らない土地を旅することが、探究することが、前に進むことが、ボクの生きがいといっても過言ではないからです。


当サイトが初めてお送りする海外鉄道旅行記「マレーシア乗り鉄ひとり旅」、近日公開予定。

お読みいただきありがとうございました

ということで、今回の旅行記はこれにて完結となります。ここまでお読みくださり、ありがとうございました。実質的には次回作が今作の続きになりますので、あくまで「建前上」完結という感じではありますが、ね。

これまでの大きな旅行記では、本編終了後にあとがきを書いていましたが、今回はマレーシアの方のラストでまとめてやります。

その代わりといってはなんですが、余談のような話と、重箱の隅をほじくるような講釈を後ろに付けてありますので、お暇でしたらお読みください。

「乗り鉄な旅行記」のトップに戻る

当サイトトップページに戻る