「ゲニウス(北)の北海鉄旅いいじゃないか」

……ゲニウス(北)がお送りする、北海道を中心とした旅行・鉄道情報サイトです。

当サイトは画像を表示する設定にするとより楽しめます。たぶん。

トップページ - ゲニウス(北)の北海鉄旅いいじゃないか

ご乗車ありがとうございます。当サイトは10両編成で、すべて自由席(?)、サイト内は禁煙(??)です。

号車案内(もくじ)

最終更新 平成30.10.22

スーパー北斗の10両運転は過去帳入りしそうな流れ。北海道の在来線で10両編成が走らないのに、当サイトが10両編成を組むのはおかしい?


本日の更新は次の通り。

更新履歴

平成30.10.19
「北海道鉄道旅の手引き」の北海道内の臨時列車情報(在来線)に11月~翌年3月の北斗84・74・88・85・91・95号、ライラック91号、カムイ63・70号、ライラック旭山動物園号、はこだてライナー、SL冬の湿原号、流氷物語号の情報、およびスーパーおおぞら・オホーツク・大雪の臨時停車の情報を追加。
同コーナーの北海道内の臨時列車情報(北海道新幹線)に12月~翌年2月の臨時列車情報を追加。
平成30.10.16
「北海道鉄道旅の手引き」の北海道内の臨時列車情報(在来線)に函館近郊の臨時普通列車(11/3)の情報を追加。
平成30.10.11
「北の特急(+α)図鑑」の北海道新幹線のおトクなきっぷデータに追加の期間限定きっぷの情報を記載。
同コーナーの各方面のおトクなきっぷデータの表示改善。
平成30.10.10
「北海道鉄道旅の手引き」の北海道内の臨時列車情報(在来線)および「北の特急(+α)図鑑」各ページに、スーパー北斗・すずらんの徐行運転終了(10/12)の情報を記載。
「北の特急(+α)図鑑」のキハ261系1000番台の列車データにおいて、キハ260形1200番台(2号車)の定員に誤りがあったため訂正。
平成30.10.2
「北の特急(+α)図鑑」に札幌・函館~青森・東京間(北海道新幹線)の列車データおトクなきっぷデータ臨時列車の運行実績のページ、およびキハ261系基本番台E5系・H5系の車両データを追加。
同コーナーの789系1000番台785系の列車データにuシートの画像を追加。
同コーナーの札幌・旭川~北見・網走間の列車データに指定席ヘッドレストカバーの画像および10・11月の特産品車内販売の情報を追加を追加。

更新履歴一覧はこちらから。

お知らせ

道内各方面の特急は復旧しています!!

連続して発生した自然災害の影響で、北海道内の交通機関には少なからぬ影響が発生していましたが、道内各方面の特急列車は復旧しました。また、節電のための特急の間引き運転も終了しました。

震源地付近の徐行運転ですが、スーパー北斗・すずらん、および札幌~苫小牧間普通列車の徐行運転(南千歳~沼ノ端)は10月11日、スーパーおおぞら・スーパーとかちなどの徐行(南千歳~追分)は10月23日をもって終了します。(苫小牧~追分~岩見沢間普通列車の、沼ノ端~三川間の徐行はまだ続きます。)

今だからこそ、北海鉄旅。実りの大地を旅行しましょう!!

胆振地震による旅行の安全性などが懸念されていますが、震源から離れた地域の多く(函館方面、札幌市中心部、道北・オホーツク・道東エリアなど)では観光に大きな支障はありません。

北海道には味覚の秋が到来しています。実りの季節を迎えた豊穣の大地が、皆さんを待っています。

交通網は大部分が復旧したほか、多くの地域では観光に影響があるような被害は報告されていません。北海道旅行を予定・計画されている方は、安易に旅行をキャンセルせず、最新の情報などをご確認のうえ、北海道へ是非お越しください。(道民の方も是非道内旅行しましょう!)

参考までに、地震から約10日後に道内を旅行した際の旅行記「今だからこそ、北海鉄旅。層雲峡紅葉狩り散歩」(作りかけ)を掲載しています。

※今回の地震・余震は「前震とみられる有感地震が全くと言っていいほどない」という特徴を持っており、地震活動は全く予測が付きません。胆振東部・石狩南部・日高西部へのご旅行を予定されている方は、身の安全を常に確保してください。

【注意喚起】札幌地下鉄 南北線の急ブレーキ等にご注意ください

今年3月以降、地下鉄南北線の運行について、危険を感じる場面が急増しています。

具体的には以下のような事象が発生しています。

  • 強いブレーキを繰り返す
  • ブレーキを緩めた直後に一気に強める。
  • ブレーキを停止寸前に数段階強める
  • 強いブレーキをかけたまま、ほとんどあるいは全く緩めずに停車。
  • 乗客の降車が明らかに終わっていないのにドアを閉めようとする。

南北線を立ち席でご利用の際は、列車が駅に完全に停車するまで、吊り革・手すりを絶対に放さないようご注意ください。

また、乗り降りの際には足元だけでなく、ドアの不意の開閉にもじゅうぶんご注意ください。

さっぽろ~麻生間の移動は、JR学園都市線のご利用もご検討ください。

旅行記「東京を目指す旅~この坂を越えて~」公開中!

昨年3月に大型旅行を行いましたので、その旅行記を公開しました。こちらからご覧ください

動画版も作成する予定です。

本編は完結していますが、大幅な推敲およびおまけ的記事の追加を予定しています。