旅行記2日目 / 中坊2人、道東へ赴く - ゲニウス(北)の北海鉄旅いいじゃないか
「ゲニウス(北)の北海鉄旅いいじゃないか」

……ゲニウス(北)がお送りする、北海道を中心とした旅行・鉄道情報サイトです。

  1. トップページ >
  2. 乗り鉄な旅行記 >
  3. 中坊2人、道東へ赴く >
  4. 2日目

中坊2人、道東へ赴く(平成21年3月20~22日)

2日目(平成21.3.21) 網走観光

網走監獄

2日目は所用を済ませるのが目的。ですがせっかく来たんです、空いた時間で網走を観光することにしました。

網走駅前からバスに乗り、向かうは天都山。

まずは、かの有名な「博物館 網走監獄」を見学です。展示の内容は有名なので省きます。

知識のない中学生なりに、感性をはたらかせて見学していました。

明治の時代でありながら洗練されたシステムに驚いたり、収監された囚人たちの気持ちを考えてみたり。また、事前調査で「堅固で管理も厳重な網走監獄から脱獄を図った男」の存在を知っていたので、それ関係の展示に興味を惹かれたり。

展示の見学の後は、お昼ごはん。ボクは監獄での食事を再現した「監獄食」というメニューを注文。一方、黒吉さんは「監獄カレー」なるメニューをセレクトしていました。

監獄食は、ご飯(主食)の7割が麦飯で、食べるのに手間がかかるサンマが出たということで、少々時間を食ってしまいました。麦飯は食べなれていたとはいえ、7割も麦が入っているものは食べたことがなかったので、白い飯のありがたみを感じました……ってそういうメシじゃねえやコレ。

オホーツク流氷館

お次は、バスでもう少し山を登ったところにある、オホーツク流氷館へ。

本物の流氷を触ることができ、なかなか魅力的……かと思って行ったんですが、流氷はともかく他の展示にあまり興味を惹かれませんでした。なんというか、地味。しかも寒さ体験なんて小樽やら上川やらでタップリやった後とあっては、道外の人が感じるような感動なんてあるはずもなし。

展示もそこそこに、天都山の上から見下ろす網走の景色を少し見て、網走駅前に戻りました。

網走観光はこれだけ。観光はメインではなかったので、おーろら号とかの時間はありませんでした。あとは最終日を残すのみ。

「乗り鉄な旅行記」のトップに戻る

当サイトトップページに戻る