旅行記2日目 山田線前哨戦と盛岡冷麺 / 東北リベンジ~旅は、何かを変える~ - ゲニウス(北)の北海鉄旅いいじゃないか
「ゲニウス(北)の北海鉄旅いいじゃないか」

……ゲニウス(北)がお送りする、北海道を中心とした旅行・鉄道情報サイトです。

  1. トップページ >
  2. 乗り鉄な旅行記 >
  3. 東北リベンジ~旅は、何かを変える~ >
  4. 山田線前哨戦と盛岡冷麺

東北リベンジ~旅は、何かを変える~(平成27年2月11~16日)

2日目(平成27.2.12) 5/5ページ「山田線前哨戦と盛岡冷麺」

山田線の入り口

この日の目的地は、ここ盛岡です。でも、もう少しだけ乗り鉄してから街に出ます。というわけで、改札には向かわずに2番ホームへ。

山田線、上米内行き。列車番号は6658D。列車番号で分かる人には分かるかと思いますが、この列車はふつうの列車ではありません(ご存知かもしれませんが)。

ちょっと説明が長引きますがご勘弁を。

山田線は、盛岡~宮古と宮古~釜石(運休中)のふたつの区間に大別できます。このうち前者は「ローカル線 東の横綱」と形容しても差し支えないような、列車数や乗客が非常に少ない悲惨な状況です。

かつては乗客も多かったと伝えられますが、区界~宮古間(全体の2/3)で国道106号と完全に並走しており、そこを「106急行」と呼ばれる路線バスが走っています。線形が悪くスピードのあがらない山田線は、この106急行に完敗。所要時間は大差ない上に、運賃・本数・アコモデーションなどほとんどの点で106急行が上回るという有り様です。

しかし、盛岡~上米内間は、盛岡市内を走る比較的沿線人口の多い区間です。また沿線にはいくつも学校があります。そのため、通勤・通学で山田線を使ってもらえる可能性があります。

そこで、この区間では夕方から夜にかけて平日限定で2往復の増便を行う社会実験を行っています。

今回乗るのがそのうちの1往復で、実際どのくらい乗客があるのか見てみたかったんです。

それでは早速乗ってみましょう。

……………………

客が少ない。

結局ほとんど客が増えないまま盛岡を発車。

次の上盛岡は付近に学校があるので、乗車が期待できますが……

お、いましたいました。それなりに乗って……きた数以上が降車。車内はさらに閑散としてしまいました。

まだ大丈夫。山岸で乗車があれば……あるわけない。ダメだこりゃ。

結論付けると、バスで運べる人数を、バスと変わらない時間で運んでいる、と言わざるを得ません。

この状況を見ると、よほどの大改良をしないと都市近郊路線としては機能しないでしょうし、その投資に見合った乗客増加も期待できないように思いました。

やはり山田線は風前の灯か、とちょっとガッカリしながらも、折り返しの列車で盛岡へ戻ります。車掌さんが乗客の数を数えるような仕草をしながら客室を見ていましたが、この乗客数を見て何を思っているんでしょうか。

さて、十数分で盛岡到着(2回目)。今乗ってきた列車は折り返し宮古行きに。こちらは先ほどの上米内行きより乗客が乗っていたように思いますが、それでも決して多いとは言えません。ダメみたいですね。

盛岡冷麺

あらためて、盛岡到着です。

駅前広場には、かまくらが設置されていました。これは、「もりおか雪あかり」というイベントのために作られたもののようです。せっかくなのでちょっと入ってみたり。

さて、今回の旅行では盛岡市内はめぐりません。盛岡では食事と宿泊のみ行います。

というわけで、ここで夕食。盛岡の名物は数あれど、やっぱり冷麺は外せない。駅から徒歩2分(もかかってないかも)、ぴょんぴょん舎さん(盛岡駅前店)に入ります。

中学の修学旅行で一度来ているんですが、その時もここで冷麺を食べています。今回はリピーターとして来たというワケです。

焼肉や韓国料理など様々なメニューがありますが、冷麺だけを注文。この単品注文というのが、いかにも観光客ですな。

さあ実食。いやあ、懐かしい。コシの強い麺には、やっぱり辛いのが合いますなあ。

辛いのがやや苦手なので中辛を頼んだのですが、全然苦になりませんでした。何といいますか、この冷麺は攻撃してこない辛さなんですな。もう一段階辛くしても良かった、と食べた後に思いました。

では店を出て、次に向かうべきところへ。

店を出ると、雨が降っていました。これから歩いて15分くらいかかる所に行くのに……(泣)。

宿泊?

寒い中をさらに冷たい雨に打たれて、泣きたくなるような気持ちになりながら、開運橋を渡りました。その後、アーケード街を歩き、ちょっと道を間違えつつも、目的の場所へ。

ネットカフェ「コロネ」さん。今宵の宿です。

もう一度だけ言います。今宵の宿です。

ハイ、というワケでネカフェ泊でございます。

コスト削減の目的もありますが、一度ネカフェ泊を体験しておきたかったので、やってしまいました。

ネットカフェに泊まることに否定的な考えをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、第一にボクは利用した時間分の対価を払っています。第二に、ブースは仮眠しやすいフルフラット(それ以外のブースもあります)な上に枕まで備え付けられています。第三に、店の名前からして宿泊を考慮してるに違いありません(何だそのリクツ)。文句は言わせませんぞ。

とまあ屁理屈をこねたところで入店。せっかくのネットカフェなので、PCを使って翌日の天気やらJRの運行情報やらいろいろと調べていました。調べものならスマホがありますけど、電池を食うので、使わなくて済むならそれに越したことはありません。

……この「せっかくだから」が悲劇を呼びます。せっかくだからと言って、使っちゃうんですよね。動画やら見ているうちに、どんどん夜は更けていきます。次の日も朝早くから動くんだから、さっさと寝ればいいものを、結局日付が変わってもPCを使い続けてしまいました。

こうなると、もうダメです。目が完全に冴えてしまっているんです。PCを切って寝ようとしても、寝付けない。ただでさえ寝付きが悪いのに、これではねえ……。

まして気持ちも落ち着いていないので、もうダメダメ。エロ動画なんて見るんじゃなかった……。

結局、1時間しか寝られず。これが後々体に効いてきたのは、言うまでもないでしょう……。

「乗り鉄な旅行記」のトップに戻る

当サイトトップページに戻る