動画のコメント返信 / 東北リベンジ~旅は、何かを変える~ - ゲニウス(北)の北海鉄旅いいじゃないか
「ゲニウス(北)の北海鉄旅いいじゃないか」

……ゲニウス(北)がお送りする、北海道を中心とした旅行・鉄道情報サイトです。

  1. トップページ >
  2. 乗り鉄な旅行記 >
  3. 東北リベンジ~旅は、何かを変える~ >
  4. 動画のコメント返信

東北リベンジ~旅は、何かを変える~(平成27年2月11~16日)

動画のコメント返信

このページでは、「東北リベンジ~旅は、何かを変える~」の動画版「東北ひとり旅」シリーズのニコニコ動画版にいただいたコメントの一部に返信します。

動画内でも一部のコメントに返信しましたが、こちらではそれ以外のコメントにも一部返信していますし、動画で返信したコメントについても一部は少しばかり付け加えています。

なお、YouTube版にコメントをいただきましても、返信する予定はありません。ご了承ください。

良かったです。次回も楽しみにしております。(4日目前半、7:47)
待ってました!(5日目後半、0:00)
おつでした!(5日目後半、7:46)
こういうコメントがこんなにも嬉しいものとは……。動画を投稿するようになるまでは思いもしませんでした。コメントはもんのすっごく励みになります。どんどんお寄せください。
ようこそ仙台へ(1日目後半、3:21)
実質初コメです。コメントありがとうございます!
(1日目の夕食について)マーボー焼きそばじゃないの(1日目後半、6:51)
それも検討したのですが、ナポリタンを選択しました。
初日の夕食には仙台の「東京ナポリタン⑧」さんのナポリタンを食べましたが、このお店は以前に「SmaSTATION!!」という番組で紹介されました。たまにしか見ない番組なのですが、ちょうどその回に大泉洋さんが出演していたので、見ていたのですよ。
それで、大泉さんが出ていた回に紹介されたんだから、やっぱりどうでしょう藩士としてはこらぁ行っとくべ、ってんで行ったんです。
いずれマーボー焼きそばも食べてみたいですね。その前に牛タンのリベンジですが。
(2日目の例の事件現場)ここ一隆かな(2日目後半、0:07)
Yes.
ピカチュウ犯罪者かよ(2日目後半、5:05)
今日も著作権は守られた。
ノスタルジックな雰囲気だけで泣きそうだ(3日目後半、6:27)
作曲者の稿屋隆さんに言ってください。
三陸関係は見ると泣いちまうんですよなぁ…(4日目後半、0:53)
こういうお話が聞けたという点だけでも、うpした価値があるのかなー、って。
(106急行は)この辺り公共交通で移動するなら使わざるを得ない。(4日目後半、7:00)
実のところ、宮古で山田線の列車に乗り継ぐことはできたんです。
でも、宮古でお土産を買い漁る時間が欲しかったのと、山田線をブッちぎってしまう凄い奴というワケで106急行に興味があって、乗ってみたかったので乗ったんです。
美味しそう…ジュルリ(5日目前半、7:20)
食べに行こうかしら(5日目前半、7:34)
アメッコ市の屋台はおいしいものが勢揃い。是非食べに行ってみて下さい。
それに限らず、秋田はグルメの宝庫。その中でも大館はきりたんぽ・鶏めし・煉屋バナナなどの名物が目白押しです。超オススメですよ!
仕方ないね(5日目後半、2:35)
あぁん?スポーツ的にはハードワーク?
くそ こんな時間に見るんじゃ無かった!(5日目後半、3:56)
そらもう、旅行動画と言ったら食要素でしょ。深夜に見たらアカンですよ。
(きりたんぽへの感想について)そこそこw(5日目後半、4:41)
インスタントですからね、どうにもたんぽが固くて。次に大館に行ったら絶対お店で本場のきりたんぽを味わう!
秋田県民でもきりたんぽはあんまり食べないらしいからね~(5日目後半、4:50)
ボクたち北海道民がジンギスカンをしょっちゅう食べるわけではないのと同じですかね。
そういえば、高校の修学旅行で京都に行った際、あるお店の人と話していた時に、「北海道の人はジンギスカンいつも食べてるんでしょ」と言われたのを思い出しました。まったくもってそんなことはありませんで、ジンギスカンは我々にとってご馳走です。普段の食事じゃありません。きりたんぽもきっと同様なんでしょうね。
(5日目の日程について)こだわってんね(5日目後半、5:53)
鉄路で弘前で入ることにこだわって弘南鉄道に乗車した、という内容についてのコメントですね。
実は元々弘南鉄道に乗ることにはなっていたんです。大館観光の後、つがる9号で大鰐まで行って、そこで弘南鉄道に乗り換える予定だったんです。でもあの状況だったので、とりあえず代行バスで弘前に行って、一息ついたところで弘南鉄道に乗車しに行ったというワケです。
その時に作った大義名分が、「鉄路で弘前に入ったことにするために乗る」というものだったのです。

今後もコメント返信を行いたいと思っております。コメント大歓迎ですので、どうぞお寄せください。

なお、すぐにお返事がほしい場合や、クレームやネガティブな意見は、当サイトのメールフォームよりお寄せください。

ただし、コメントは他の視聴者様に配慮のうえお願いします。

「乗り鉄な旅行記」のトップに戻る

当サイトトップページに戻る