旅行記3日目 江差線乗り鉄 / 東北(主に秋田)と室蘭の旅 - ゲニウス(北)の北海鉄旅いいじゃないか
「ゲニウス(北)の北海鉄旅いいじゃないか」

……ゲニウス(北)がお送りする、北海道を中心とした旅行・鉄道情報サイトです。

  1. トップページ >
  2. 乗り鉄な旅行記 >
  3. 東北(主に秋田)と室蘭の旅 >
  4. 江差線乗り鉄

東北(主に秋田)と室蘭の旅(平成25年3月12~15・17日)

3日目(平成25.3.15) 1/2ページ「江差線乗り鉄」

本日の行程

移動手段乗車(移動開始)出発時刻下車(到着地点)到着時刻
津軽海峡フェリー青森港2:40函館港6:20
徒歩函館港6:30頃七重浜6:50頃
江差線普通120D七重浜7:03江差9:17
江差線普通4175D江差10:27木古内11:30
江差線普通135D木古内12:26函館13:35
函館本線普通2843D函館14:26長万部17:28
函館本線普通2949D長万部17:44小樽20:42
函館本線普通281M小樽21:18札幌22:03

フェリーで函館へ

いよいよ人生初のフェリーです。今回は一番安い2等での利用。カーペットに雑魚寝です。2等にはほかにも何人か乗ってました。

出航前から少し船が揺れ、早速少し気分が悪くなりました。この先が少し不安。

船内の自販機で、さっき食べちゃったおにぎりの代わりに、明日の朝食としてカツサンドを購入。こういうのは船で食べたほうがいいのかもしれませんが、深夜ですからね、朝食べます。

寝床を整え、横になってしばらくすると出航。案内放送が流れた後は、割とすぐに寝ました。

約1時間ごとに目が覚めましたが、ほとんど寝てました。酔い止めが効いたか、気分も問題ありませんでした。2等のカーペットは固めでしたが、寝るには問題なかった模様。どうも、ボクは横にさえなれれば寝れるみたいですね。

5:40頃起床。身支度を済ませ、到着を待ちます。

定刻到着。先に車の客から下船するので、しばし待機。6:30頃にはボクも下船しました。函館フェリーターミナルに寄ってお土産(小さいジグソーパズル)を買ったら、七重浜駅へ向かいます。若干時間が押しているので、少し走ります。

廃止近づく江差線へ

七重浜に無事到着。まだ窓口開いてませんね。18きっぷではないので、困ることはないのですが。

ここから江差に向かいます。ホームで江差行きの列車を待つ。しばらくすると、見慣れた塗装のキハ40が入線。この塗装を見ると、北海道に帰ってきたんだなあ…と感じました。

車内はそこまで混んではいませんでした。通勤・通学利用はむしろ逆方向(函館方面)が多いでしょうからね。

車内でさっき船内で買ったカツサンドを食べました。なかなかでした。

で、食べた後は、海を撮ろうとしてカメラいじってたら、気が付いたらペットボトル撮ってました。題して「ペットボトルと車窓」ってか?

木古内で時間があるので、一旦外へ。少しすると特急スーパー白鳥が…

あ! 魔改造785系だ! 初めて拝みました。ホントにバッタみたいです。

で、列車に戻り、出発。いよいよ江差線の末端部分です。この区間は平成26年春に廃止予定です。葬式鉄、というわけではありませんが、一度は乗っておきたいですからね。

車内は……どう見ても鉄オタばっかです。本当にありがとうございました。

いい景色ですね。平野、山、川…。雪景色ですが、それがむしろいい味出してますね。

例の「天の川駅」も見ました。本当の駅ではなく、オブジェです。しかし、ホントに駅名標がJRそっくりですね。

途中で年配の方が何名か乗車。地元客皆無ではないんですね。

そして、終着の江差に到着。窓口で硬券入場券セットを買い、駅の外へ出ました。

0日目 札幌→青森

  1. 1.急行はまなすで青森へ

1日目 青森→秋田

  1. 1.浅虫温泉・三内丸山遺跡
  2. 2.秋田へ

2日目 秋田→盛岡→青森

  1. 1.横手焼きそば
  2. 2.田沢湖
  3. 3.目指せ盛岡、そして青森

3日目 青森→江差→札幌

  1. 1.江差線乗り鉄
  2. 2.帰りは山線で

(4日目は休養日)

5日目 室蘭エリア散歩

  1. 室蘭エリア散歩

「乗り鉄な旅行記」のトップに戻る

当サイトトップページに戻る