「ゲニウス(北)の北海鉄旅いいじゃないか」

……ゲニウス(北)がお送りする、北海道を中心とした旅行・鉄道情報サイトです。

  1. トップページ >
  2. 札幌アーバン鉄道大全 >
  3. JR北海道 快速エアポート

列車名別データ:JR北海道札幌エリア 快速「エアポート」 / 札幌アーバン鉄道大全

快速「エアポート」は、北海道の空の玄関口・新千歳空港と、札幌・小樽をスピーディーに結ぶ、札幌アーバン鉄道のエースです。日中15分間隔と運行本数が多く、空港アクセスだけでなく、通勤・通学や小樽への観光アクセスなど、様々な役割を持ち、日々多くの利用客を運んでいます。

札幌~新千歳空港間の所要時間は、最短で37分です。また、4号車は指定席「uシート」となっていて、快適に移動できます。

朝・夜間は、新千歳空港に向かう普通列車も走ります。

運行区間・本数

快速エアポートは、15分おきの運行。30分に1本が小樽まで直通します。

朝・夜の一部列車は、札幌~新千歳空港間を快速運転し、札幌よりも先は普通列車として、手稲・ほしみ・小樽まで直通します。また、朝の空港行きと、夜の空港始発の各1本が、学園都市線に直通し、石狩当別まで足を伸ばします(札幌~石狩当別は各駅停車)。

下り(空港→札幌)の朝ラッシュ時間帯と、上り(札幌→空港)の札幌発午後9時台以降は、エアポートが運行されず、代わって普通列車が空港に直通します。

上りの札幌発午後8時台も、エアポートの本数が減り、普通列車の一部が空港まで足を伸ばします。

種別運行区間車内設備車両
快速エアポート(小樽~)札幌~新千歳空港
4号車は指定席「uシート」、他5両は自由席733系3000番台
721系エアポート用編成
快速エアポート
(朝晩の一部)
小樽・ほしみ・手稲・石狩当別~札幌~新千歳空港
(小樽・ほしみ・手稲・石狩当別~札幌間普通列車)
4号車は指定席「uシート」、他5両は自由席
普通列車として運行される区間は全車自由席
普通(小樽・手稲~)札幌~新千歳空港全車自由席
普通
(1往復のみ)
手稲~札幌~新千歳空港733系基本番台
735系
731系
721系普通・区間快速用編成

新千歳空港行きのエアポートの、札幌発車時刻は、午前8時台~午後7時台は毎時5・20・35・50分発です。

小樽発車時刻は、午前10時台~午後6時台は毎時0・30分発です。

空港から札幌に向かうエアポートの新千歳空港発車時刻は、午前9時台~午後8時台は毎時0・15・30・45分発です。そのうち、毎時0・30分発の列車は小樽行きです。


江別8:57発の札幌行き普通列車は、札幌から折り返し空港行きの快速エアポート94号となります。

事実上、この列車は江別発・空港行きの列車として利用できます。

停車駅

快速「エアポート」の停車駅は、「小樽・南小樽・小樽築港・手稲・琴似・札幌・新札幌・北広島・恵庭・千歳・南千歳・新千歳空港」に停まります。

以下の列車は、白石にも停車します。

  • 札幌方面 → 空港
    • エアポート62号(白石6:21発)~エアポート76号(白石7:54発)
    • エアポート202号(白石20:50発)
  • 空港 → 札幌方面
    • エアポート205号(空港20:30発 → 白石21:04頃着)~エアポート227号(空港22:53発 → 白石23:26頃着)

空港に直通する普通列車は、基本的に各駅に停まります。ただし、一部列車はサッポロビール庭園を通過します。

所要時間・運賃

区間所要時間運賃(片道あたり)
札幌~新千歳空港快速:標準37分¥1,070
札幌~千歳快速:標準30分¥840
札幌~恵庭快速:標準24分¥640
札幌~北広島快速:標準16~17分
普通:24~30分程度
¥450
新札幌~新千歳空港快速:標準28分¥880
新千歳空港~小樽快速:標準1時間12~15分¥1,780

★ 運賃は当該区間「のみ」に乗車する場合のものです。


南千歳または札幌で乗り換えて、新千歳空港と道内の主要都市・観光地との間を行き来する場合の所要時間・料金は以下の通りです。

函館・室蘭方面
区間所要時間運賃+料金(片道あたり)
最短平均通常最安値
新千歳空港~函館3時間17分3時間27分¥8,110(特急指定席)¥5,880(※2)
新千歳空港~洞爺1時間24分1時間34分¥4,950(特急指定席)¥3,865(※3)
新千歳空港~室蘭
(※1)
1時間15分1時間30分¥3,110(特急自由席)¥2,530(※3)
新千歳空港~東室蘭57分1時間7分¥2,910(特急自由席)¥2,530(※3)
新千歳空港~登別44分54分¥2,720(特急自由席)¥2,380(※3)
新千歳空港~苫小牧
(特急)
(概ね30~40分程度)¥1,300(特急自由席)¥1,300(※4)
新千歳空港~苫小牧
(普通列車)
¥680¥680(※4)

※南千歳で、「スーパー北斗」(東室蘭・函館方面)、「すずらん」(東室蘭・室蘭方面)または千歳線の普通列車(苫小牧方面)と乗り換え。

★ 所要時間には乗り換え時間を含みます。当該の駅を通過する列車は除外して数値を算出しています。

★ 最安値は当該区間「のみ」に乗車する場合のもので、他の区間に乗り継ぐ場合さらに安くなることがあります。なお、学割は考慮していません。

※1……室蘭に直通しない列車(すずらん1往復、スーパー北斗12往復)は、東室蘭で普通列車と乗り換え。

※2……南千歳~函館間「えきねっとトクだ値」使用。

※3……「乗車券往復割引きっぷ」使用、かつ自由席利用の場合。

※4……正規運賃が最安値です。

帯広・釧路方面
区間所要時間運賃+料金(片道あたり)
最短平均通常(特急指定席)最安値
新千歳空港~釧路3時間37分3時間53分¥8,970¥5,600(※1)
新千歳空港~帯広2時間2時間21分¥6,060¥3,560(※2)
新千歳空港~トマム1時間6分1時間23分¥3,950¥3,560(※2)

※南千歳で、「スーパーおおぞら」「スーパーとかち」と乗り換え。

★ 所要時間には乗り換え時間を含みます。当該の駅を通過する列車は除外して数値を算出しています。

★ 最安値は当該区間「のみ」に乗車する場合のもので、他の区間に乗り継ぐ場合さらに安くなることがあります。なお、学割および期間限定のおトクなきっぷは考慮していません。

※1……南千歳~釧路間「えきねっとトクだ値」使用。

※2……南千歳~帯広間「えきねっとトクだ値」使用。

旭川・網走方面
区間所要時間運賃+料金(片道あたり)
最短平均通常最安値
新千歳空港~旭川(標準 2時間10~12分)¥5,180(特急自由席)¥3,610(※2)
新千歳空港~北見
(※1)
5時間12分オホーツク・大雪利用:5時間21分
特別快速きたみ利用:5時間49分
¥9,830(特急指定席)¥6,600(※3)
新千歳空港~網走
(※1)
6時間4分6時間11分¥10,590(特急指定席)¥7,590(※3)

※札幌で、「ライラック」「カムイ」他(旭川方面)、または「オホーツク」(旭川・網走方面)と乗り換え。または、札幌で「ライラック」、旭川で「大雪」「きたみ」(北見・網走方面)と乗り換え。

★ 所要時間には乗り換え時間を含みます。

★ 最安値は当該区間「のみ」に乗車する場合のもので、他の区間に乗り継ぐ場合さらに安くなることがあります。なお、学割および期間限定のおトクなきっぷは考慮していません。

※1……札幌で乗り換え、または札幌・旭川の2か所で乗り換え。

※2……札幌~旭川間「Sきっぷ」使用。

※3……札幌~旭川間「Sきっぷ」使用、旭川~北見・網走間「えきねっとトクだ値」使用。

富良野方面
区間所要時間運賃+料金(片道あたり)
通常ふらの・びえいフリーきっぷ富良野・札幌往復きっぷ
新千歳空港~富良野
(※1)
2時間50分程度¥5,040(特急自由席)¥4,320¥3,245

★ 所要時間には乗り換え時間を含みます。

★ 最安値は当該区間「のみ」に乗車する場合のもので、他の区間に乗り継ぐ場合さらに安くなることがあります。なお、学割は考慮していません。

※1……ここでは、札幌で臨時特急「フラノラベンダーエクスプレス」と乗り換える場合のデータを掲載。他にも、札幌~滝川を「ライラック」「カムイ」他、滝川~富良野間を普通列車で移動する方法があります。


時刻・運賃・料金について詳しくは、市販の時刻表、またはJR北海道のWebサイトをご覧ください。

車両

快速「エアポート」全列車、および朝・夜間に運行される空港直通の普通列車の大半は、733系3000番台、または721系エアポート用編成で運行されます。

6両編成で運行されます。

形式名車両デビュー時期自由席の座席
733系3000番台平成26年8月ロングシート
721系エアポート用編成平成4年5月
(8次車は平成16年早春?)
転換クロスシート
(一部車両はドア付近のみロングシート)

札幌6:02発 新千歳空港行き普通列車、および新千歳空港6:56発 札幌経由 手稲行き普通列車は、以下の車両のうちどれかが使用されます。

3両を2本繋いだ6両編成で運行されます。前3両と後ろ3両で形式が違う場合もあります。

特急
形式名車両デビュー時期座席
733系基本番台平成24年6月ロングシート
735系平成24年5月ロングシート
731系平成8年12月ロングシート
721系普通・区間快速用編成昭和63年11月転換クロスシート
(ごく一部の車両のみ、ドア付近はロングシート)

車内(座席など)

快速「エアポート」の車内設備にしぼって説明します。

座席

4号車は指定席「uシート」、それ以外(1~3・5・6号車)は自由席です。

指定席は予約制です。1か月前の午前10時から、全国JR駅のみどりの窓口・指定席券売機、JRの予約サイト「えきねっと」、旅行会社で予約ができます。「えきねっと」の場合はその1週間前から事前受付を行っています。なお、空席があれば当日に駅で買えます。

自由席は乗車券だけで乗車でき、予約は必要ありません。


指定席「uシート」は、前の座席との間隔が普通の座席よりも広く、座り心地も一味違います。一般的な特急列車の普通車指定席よりも格上の、ハイグレードな指定席です。

座席テーブルやドリンクホルダーといった設備も充実。ただの「着席保証料金」じゃない、「余裕」の旅を楽しめる、それが「uシート」です。

一部列車では、札幌~手稲・ほしみ・小樽間は普通列車となります。また、学園都市線に直通する便は、札幌~石狩当別間は普通列車となります。普通列車として運行される区間では、「uシート」も自由席となります。


自由席は、733系3000番台はロングシートです。札幌から空港までの37分間ずっと座っていても疲れづらい、低反発の詰め物が使われています。

北海道の広々とした草原を思わせる緑のモケットが気持ち良い室内は、広々とした印象。デッキのない構造と広い通路は、大荷物での利用にも嬉しいところ。大きなキャリーバッグを持っていても、座席に座ってバッグを手で押さえておけば大丈夫。

721系の場合、自由席は転換クロスシートです。一部車両はドア付近のみロングシート、それ以外はすべてクロスシートです。

自由席としてはかなり快適な座席で、(着席できれば)快適な旅が楽しめます。

指定席? 自由席?

移動だけなら、自由席でOKです。札幌から空港までは標準37分、小樽までは標準32分なので、自由席の座席でもじゅうぶん快適で、立ち席でもさほど辛くはないかと思います。

座りたい理由があるなら、指定席を強くおすすめします。エアポートは常に乗客が多い列車なので、自由席だと立ち席になることも少なくありません。指定席を押さえれば確実に座れ、大きな荷物も荷物置場に置けるので広々快適です。

また、車内でノートパソコンを広げて、乗車時間を有効活用したいなら、確実にクロスシートに着席できるuシートが必須です。

小樽への観光などにも便利なので、車内での飲食を楽しみたい場合などに活用するといいでしょう。

ただし、札幌~新千歳空港間では、指定席は非常に人気です。発車30分以上前に満席になることも多いです。

その他の設備

「uシート」車両には荷物置場があります。大型のキャリーバッグなどを置くのに便利です。

トイレは1号車と、3・4号車のいずれかに設置されています。

  • 733系3000番台(ロングシートの車両):1号車(洋式)、3号車(洋式、身障者対応)
  • 721系のうち比較的新しい編成:1号車(和式)、3号車(洋式、身障者対応)
  • 721系のうち比較的旧式の編成:1号車(和式)、4号車(和式) ※身障者対応トイレなし

設備早見

快速「エアポート」の車内設備(座席数・トイレなど)の情報です。JR北海道のWebサイト内の「列車ガイド」も、あわせてご参照ください。

733系3000番台

←新千歳空港 1号車2号車3号車4号車5号車6号車 小樽→
自由:46席(ロングシート)自由:52席(ロングシート)自由:48席(ロングシート)指定:43席自由:52席(ロングシート)自由:47席(ロングシート)
- --

凡例(別ウインドウで開きます)

721系5000番台

←新千歳空港 1号車2号車3号車4号車5号車6号車 小樽→
自由:48席自由:56席(うちロングシート16席)自由:55席(うちロングシート18席・跳上1席)指定:43席自由:56席(うちロングシート16席)自由:47席
- --

凡例(別ウインドウで開きます)

721系4000番台

←新千歳空港 1号車2号車3号車4号車5号車6号車 小樽→
自由:48席自由:48席自由:55席(うちロングシート18席・跳上1席)指定:43席自由:48席自由:47席
- --

凡例(別ウインドウで開きます)

721系3000番台

←新千歳空港 1号車2号車3号車4号車5号車6号車 小樽→
自由:48席自由:48席自由:47席指定:43席自由:48席自由:45席
-- --

凡例(別ウインドウで開きます)

Tips

快速「エアポート」を使う際に、覚えておくと便利なネタをご紹介します。

多くの列車は北広島で普通に接続

快速「エアポート」は、多くの便が北広島駅で普通列車を追い抜きます。

北広島駅で、普通と快速を乗り換えできます。快速停車駅と、快速が通過する途中駅とを行き来する場合、北広島で普通と快速を乗り換えるとスムーズに移動できます。

ただし、北広島で普通列車を追い抜かない列車も1時間に1~2本程度あります。

千歳で接続する場合も

ごく一部のエアポートは、千歳で普通列車を追い抜きます。

  • 快速エアポート117号(新千歳空港11:45発):苫小牧11:24発の普通列車を千歳で追い抜きます
  • 快速エアポート86号(札幌8:50発):札幌8:27発の普通列車(倶知安始発)を千歳で追い抜きます

新千歳空港へは、「空港行き」に乗車

新千歳空港に向かう時は、「新千歳空港行き」の列車に乗って、終点の新千歳空港で降りてください。

「千歳行き」「苫小牧行き」「東室蘭行き」、および特急列車は新千歳空港には行きません。間違えないよう注意してください。特に、「千歳行き」は間違って乗ってしまう乗客が多いですので、注意してください。

空港行きは基本的に札幌駅5・6番線発車

基本的に、空港行きの列車は札幌駅の5・6番線から発車します。夜間は例外があります。

  • 札幌20:15発 普通列車(小樽始発):8番線発車
  • 札幌20:55発 普通列車:10番線発車
  • 札幌21:10発 普通列車(小樽始発):8番線発車

なお、札幌20:15発の空港行き普通列車は、途中の北広島でエアポート200号に抜かれます。空港へはエアポート200号(札幌20:25発)を使ってください。


札幌駅の改札口にある電光掲示板では、新千歳空港行きの列車だけが表示されるコーナーがあります。他の行き先の列車とは区別されて表示されています。発車時刻とホームを確認して、乗車してください。

ホームでは、「エアポート」と書かれた黄色の掛け札を目印に、2列に並んでお待ちください。掛け札の色が緑だったり、「エアポート」と書かれた掛け札がなかったりする場合は、ホームを間違えています。

指定席券の買い方

指定席uシートに乗車する場合は、指定席券売機か「みどりの窓口」で、指定席券をお買い求めください。

uシートに空席があるかは、券売機付近にある電光掲示板で確認できます。

「えきねっと」から事前にインターネット予約もできます。きっぷは指定席券売機か「みどりの窓口」で受け取れます。

南千歳駅での乗り換え

苫小牧・登別・室蘭・洞爺・函館方面、もしくはトマム・帯広・釧路方面へは、南千歳駅でお乗り換えとなります。

日中は、快速エアポートと函館・釧路方面の列車を乗り換える場合、降りた向かいの乗り場で列車をお待ちください。

朝と夜間は、階段を通って乗り換えしなければならない場合があります。車内放送での乗り換え案内、または駅の電光掲示板で乗り場をお確かめください。

エアポートの進行方向

721系の場合、荷棚に赤と青の矢印が描かれたステッカーが貼ってあります。青色の方向が、新千歳空港方面です。座席の向きを変える際は、矢印を見るとラクに進行方向が分かります。

「札幌アーバン鉄道大全」のトップに戻る

当サイトトップページに戻る