「ゲニウス(北)の北海鉄旅いいじゃないか」

……ゲニウス(北)がお送りする、北海道を中心とした旅行・鉄道情報サイトです。

  1. トップページ >
  2. 北の特急(+α)図鑑 >
  3. 札幌・旭川~北見・網走

札幌・旭川~北見・網走:特急「オホーツク」「大雪」、特別快速「きたみ」など / 北の特急(+α)図鑑

7月1日から特急オホーツク・大雪の編成が変更となりました。グリーン車がPC用コンセントや読書灯などを備えたハイデッカー車両に変わったほか、指定席の号車が変わっています。

札幌・旭川とオホーツク地方の主要都市である北見・網走を結ぶ列車には、特急「オホーツク」「大雪」のほか、特別快速「きたみ」、そして週末に運行される臨時快速があります。

オホーツク・大雪は、道内の特急で最も古い形式の車両が充てられていますが、内装はリニューアルされています。焼肉や塩焼きそばなどグルメ花咲く北見や、知床の玄関口であり流氷観光で知られる網走を訪れるのに便利です。

大雪は旭川~網走間、快速列車は旭川~北見間の運行ですが、旭川で特急「ライラック」「カムイ」と接続し、札幌とオホーツク地方をスムーズに結びます。

このほか、遠軽発・旭川行きの普通列車が1本あります。

運行区間・本数

愛称運行区間本数車両両数
特急オホーツク札幌~旭川~北見~網走2往復キハ183系4両(増結時は5~6両)
特急大雪旭川~北見~網走2往復
特別快速きたみ旭川~北見1往復キハ54形500番台1両(増結時は2両)
臨時快速旭川~北見下り1本キハ54形500番台1両
普通旭川~遠軽上り1本キハ40形2両

特急大雪は、札幌~旭川間の特急「ライラック」と接続します。また、快速列車も札幌~旭川間の特急に接続します。乗り換え時刻はこちらからご覧ください。

臨時快速は9月までの金・土・日曜日に運行されます。10月以降の運行については不明です。

このほか、旭川~上川間・遠軽~北見~網走間を中心に、短距離の普通列車が走っています。

停車駅

下り列車の停車駅一覧
列車名札幌岩見沢美唄砂川滝川深川旭川当麻上川白滝丸瀬布遠軽安国生田原留辺蘂相内東相内西北見北見美幌女満別網走
特急オホーツク1号------
特急大雪1号------
特別快速きたみ
特急大雪3号------
特急オホーツク3号-----
臨時快速----
上り列車の停車駅一覧
列車名網走女満別美幌北見西北見東相内相内留辺蘂生田原安国遠軽丸瀬布白滝上川当麻旭川深川滝川砂川美唄岩見沢札幌
特急オホーツク2号-------
特急大雪2号------
特別快速きたみ
特急大雪4号------
特急オホーツク4号------

普通列車は一部が北日ノ出・将軍山・愛山・東雲・生野・西女満別を通過します。

所要時間・料金

札幌~北見間は特急で約4時間半。札幌~網走間は5時間以上かかります。

旭川~北見間は特急で約3時間、快速は3時間~3時間20分程度。旭川~網走間は特急4往復すべて4時間以内です。

料金は、通常の運賃・料金で札幌~北見間片道9,050円(普通車指定席)。おトクなきっぷを使うと、最安で5,620円となります。

特急「大雪」と札幌方面の特急を旭川駅で乗り継ぐ場合は、途中で改札を出ない限り、通しの特急料金で乗車できます。

時刻・運賃・料金について詳しくは、市販の時刻表、またはJR北海道のWebサイトをご覧ください。

区間所要時間全区間特急移動の場合の運賃+料金(片道あたり)
最短特急平均特別快速臨時快速通常オホーツク 最安値大雪(+ライラック) 最安値
札幌~網走5時間19分5時間26分--¥9,910¥6,930(※2)¥6,520(※3)
札幌~北見4時間27分4時間34分4時間57~58分(※1)4時間34分(※1)¥9,050¥5,880(※2)¥5,530(※3)
札幌~遠軽3時間27分3時間34分3時間41分(※1)3時間31分(※1)¥7,970¥4,320(※4)¥4,320(※4)
旭川~網走3時間43分3時間47分--¥7,970¥6,530(※5)¥3,980(※2)
旭川~北見2時間53分2時間57分3時間21~22分3時間3分¥6,670¥5,350(※5)¥2,990(※2)

★ 通常の料金は普通車指定席の場合で算出。また、最安値は当該区間「のみ」に乗車する場合のもので、他の区間に乗り継ぐ場合さらに安くなることがあります。なお、学割は考慮していません。

※1……札幌~旭川間は特急、旭川以東は快速に乗車した場合の最短時間で計算しています。

※2……「えきねっとトクだ値」使用。

※3……札幌~旭川間は「Sきっぷ」、旭川以東は「えきねっとトクだ値」使用。

※4……4~11月に「Rきっぷ」を使用した場合。

※5……「Sきっぷ」使用。

車両

形式名車両デビュー時期車体傾斜装置担当列車
キハ183系昭和63年11月なしオホーツク・大雪
キハ54形500番台昭和62年ごろなしきたみ・臨時快速
キハ40形昭和52年2月なし普通

特急「オホーツク」「大雪」は全列車、基本的に4両編成です。多客期などには、5~6両編成になることがあります。

特別快速「きたみ」は1両です。多客期などには、2両編成になることがあります。

臨時快速は1両です。

普通列車は1~2両です。遠軽発・旭川行きの長距離普通列車は、2両編成です。

それぞれの車両の詳細は、各項目のリンクからご覧ください(一部車両のページは未公開です。ご容赦ください)。

車内(座席など)

特急「オホーツク」「大雪」の座席

基本的に指定席席は遠軽寄り2両半、うち2号車はグリーン車、それ以外は自由席です。

グリーン車指定席と、普通車指定席は予約制です。1か月前の午前10時から、全国JR駅のみどりの窓口・指定席券売機、JRの予約サイト「えきねっと」、旅行会社で予約ができます。「えきねっと」の場合はその1週間前から事前受付を行っています。なお、空席があれば当日に駅で買えます。

自由席は、特に予約は必要ありません。


グリーン車はゆったりとした3列シートで、足を伸ばしてのんびり過ごすには最適。パソコン用コンセントや大型のテーブルなど、ビジネスに役立つ設備も充実しています。

シート表皮はモケット(織布)です。

※写真は同型の座席を使っているキハ281系のグリーン車のものです。


普通車は4人掛けの座席です。シートピッチはやや狭めで、座席のサイズもグリーン車に比べるとかなり小さくなります。

なお、グレードアップ座席の車両が使われる場合があります。


指定席には、「指定席」と刺繍されたカバーが付いています。1両の半分だけ指定席となる車両がありますが、この刺繍で指定席・自由席を判別できます。

特急「オホーツク」「大雪」 その他の設備

列車内には洋式トイレがあります。車いすには対応していません。

なお、客室内に荷物置場がある車両が充てられることがあります。

快速列車

全車自由席です。運賃のみで乗車でき、予約は必要ありません。

座席はセミクロスシート。クロスシート部は特急車両のものを転用した座席で、普通列車としては座り心地が良いのが特徴。

トイレは洋式です。洗浄ががっさいのでご注意ください。

普通列車

全車自由席です。運賃のみで乗車でき、予約は必要ありません。

座席はセミクロスシート。ボックスシート部は4人掛けです。

トイレは和式です。

指定席? 自由席?

特急列車の場合、基本的には指定席をおすすめします。自由席は数が少ないので、突発的に混雑した場合などに座れない可能性もあります。

旭川~遠軽間・北見~網走間など区間が短い場合は、自由席でも問題ないでしょう。もちろん、どうしても座りたければ指定席を使いましょう。

ただし、旭川で2本の特急を乗り継ぐ場合は指定席をおすすめします。旭川で改札を出ない限り、特急料金は通しで計算できます。なお、上川まで(から)の場合は、自由席でもよいかと思います。

また、おトクなきっぷの関係で指定席の方が安い区間・列車もありますので、その場合は指定席一択でしょう。

普通・快速列車は全車自由席です。

設備早見

車内設備(座席数・トイレなど)の情報を掲載しています。JR北海道のWebサイト内の「列車ガイド」も、あわせてご参照ください。ただし代走や増結などで、この通りではない場合もありますのでご了承ください。

オホーツク・大雪

車両はキハ183系です。

←遠軽 1号車2号車3号車4号車 札幌・旭川→
指定:66席指定:24席指定:34席自由:32席自由:66~68席
- -

凡例(別ウインドウで開きます)

1・3・4号車がグレードアップ座席となる可能性があります。その場合、客室内に荷物置場があります。

遠軽~網走間は逆向きになります。網走に向かって、1号車が一番後ろになります。


「オホーツク」「大雪」の増結時は以下の編成となると予想されます。

指定席が増結される場合
←遠軽 1号車2号車3号車-4号車5号車 札幌・旭川→
←遠軽 1号車2号車3号車4号車5号車6号車 札幌・旭川→
指定:66席指定:24席指定:66席指定:66席指定:34席自由:32席自由:66~68席
- -
自由席が増結される場合
←遠軽 1号車2号車3号車-4号車5号車 札幌・旭川→
←遠軽 1号車2号車3号車4号車5号車6号車 札幌・旭川→
指定:66席指定:24席指定:34席自由:32席自由:66~68席自由:66~68席自由:66~68席
- -

凡例(別ウインドウで開きます)

1・3~6号車がグレードアップ座席となる可能性があります。その場合、客室内に荷物置場があります。

遠軽~網走間は逆向きになります。網走に向かって、1号車が一番後ろになります。

快速列車

車両はキハ54形500番台です。

  • 座席……自由:クロスシート20~36席+ロングシート20~40席程度
  • 設備……

凡例(別ウインドウで開きます)

普通列車

車両はキハ40形です。

  • 座席……自由:ボックスシート44~48席+ロングシート20~22席程度
  • 設備……

凡例(別ウインドウで開きます)

車窓

札幌~遠軽間は(特急の場合)1号車が先頭となります。札幌~旭川間では石狩平野の広々とした景色、旭川~遠軽間では山間の風景が続きます。

遠軽~網走間は(特急の場合)1号車が最後尾となります。女満別~網走間は進行方向左側に網走湖が広がります。

当サイトとしては、遠軽~網走間で網走に向かって左側(札幌~遠軽間で右側)になる座席をオススメします。

車内販売

「オホーツク」「大雪」および普通・快速列車では、基本的に車内販売はありません。また、車内に自動販売機がありません。お飲み物やお食事などは、あらかじめ駅の売店や周辺のコンビニなどでお買い求めのうえ、ご乗車ください。

ただし、「オホーツク」「大雪」では沿線自治体による特産品の車内販売が行われることがあります。

特産品車内販売を行う列車・期間・区間は以下の通りです。

  • 網走行き
    • オホーツク1号
      • 10月14・28日、11月3・4日、12月15日:遠軽→北見
    • 大雪1号
      • 10月6・21日、11月11日、12月1・23日:上川→留辺蘂
      • 10月8日、11月10・18・25日、12月2・9・16日:上川→北見
      • 10月14・28日、11月3・4日、12月15日:遠軽→北見
      • 10月27日、11月17・23日、12月22日:上川→遠軽
  • 札幌・旭川方面行き
    • 大雪2号
      • 10月6・8・21日、11月10・11・25日、12月1・9・23日:北見→上川
      • 10月14・28日、11月3・4日、12月15日:北見→遠軽
      • 10月27日、11月17・23日、12月22日:遠軽→旭川
      • 11月18日、12月2・16日:北見→旭川
    • 大雪4号
      • 10月14・28日、11月3・4日、12月15日:北見→遠軽

「北の特急(+α)図鑑」のトップに戻る

当サイトトップページに戻る