「ゲニウス(北)の北海鉄旅いいじゃないか」

……ゲニウス(北)がお送りする、北海道を中心とした旅行・鉄道情報サイトです。

  1. トップページ >
  2. 北の特急(+α)図鑑 >
  3. 札幌~函館 車内販売

札幌~函館間 車内販売 / 北の特急(+α)図鑑


特急「スーパー北斗」の一部列車には車内販売があります。お弁当・飲み物・お菓子・おつまみ・オリジナルグッズなどを購入できます。

また、車内販売のない列車でも、一部区間で簡易車内販売が行われる列車があります。待ち受け販売形式で実施されます(客室乗務員によるワゴンサービスではありません)。

車内販売・簡易車内販売を行う列車は以下の通りです。

  • 函館行き
    • スーパー北斗6号:車内販売あり
    • スーパー北斗8号:車内販売あり
    • スーパー北斗10号:車内販売あり
    • スーパー北斗12号:1号車で簡易車内販売(札幌→苫小牧)
    • スーパー北斗14号:3号車で簡易車内販売(札幌→苫小牧)
    • スーパー北斗16号:3号車で簡易車内販売(札幌→苫小牧)
  • 札幌行き
    • スーパー北斗7号:3号車で簡易車内販売(函館→森)
    • スーパー北斗9号:1号車で簡易車内販売(函館→森)
    • スーパー北斗11号:1号車で簡易車内販売(函館→森)
    • スーパー北斗13号:車内販売あり
    • スーパー北斗15号:車内販売あり
    • スーパー北斗17号:車内販売あり

スーパー北斗の車内販売(ワゴンサービス)

函館行きスーパー北斗6・8・10号、札幌行きスーパー北斗13・15・17号では、ワゴンサービスによる車内販売が行われます。

始発駅を発車して数十分すると始まります。函館行きの列車では長万部~森間、札幌行きでは登別~苫小牧間が最終販売になります。

弁当・軽食・スイーツ・飲み物などを購入できます。その一部を紹介しましょう。

長万部の人気駅弁「かなやのかにめし」「特製もりそば」

まずはお弁当。オーソドックスな弁当のほか、一部列車では長万部駅の駅弁を買うことができます。画像全部なぜか普通列車の車内で食べた時のやつですが気にしないでください。


長万部駅といえば、「かなやのかにめし」(¥1,180)が有名ですよね。長万部到着前に客室乗務員に注文しておくのが確実な買い方。

ほぐしたカニの奥深い味わいは、まさに絶品。「これぞ北海道」と言うべきロングセラー駅弁を、スーパー北斗の車内でお手軽に味わえます。ご注文はお早めに。

  • 函館行き:スーパー北斗6・8・10号
  • 札幌行き:スーパー北斗13・15号

かにめしだけじゃありません。長万部のもう一つの絶品駅弁が、合田の「特製もりそば」(¥650)。

ただのおそば弁当とは一味違う、老舗ならではの旨さは、一度味わうと忘れられません。

水曜日は買えませんのでご注意ください。

  • 函館行き:スーパー北斗6・8・10号

函館発・札幌行き列車限定! 山海いろごはん

スーパー北斗でしか買えない、特別な駅弁があります。それが、函館みかどの「山海いろごはん」(¥980)です。

北海道と言うとカニをイメージする人が多いですが、それ以外にも海の幸はたくさんあり、魚介類以外にも広大な大地で育まれたさまざまな食材が皆さんを待っています。北海道の海と大地の味をまとめて味わえるのが、山海いろごはんです。

函館発・札幌行きの下り列車3本でのみ販売されます。

  • 札幌行き:スーパー北斗13・15・17号

軽食もあります

ガッツリお弁当はいらないけれど、何か軽いものが食べたい時は、「JRミックスサンド」(単品 ¥300 / コーヒーとのセット ¥450)はいかがでしょうか。

シンプルながら安定感のある食べやすい味で、誰にでもおすすめできます。

ホットコーヒーとのセットは、単品でそれぞれ注文するより150円もおトクになります。

素材際立つスイーツ! チーズケーキとバウムクーヘン

スイーツ王国・北海道のステキな商品も販売中。コーヒーとのセットもあり、食後のお供にピッタリです。


看板商品は、「北海道レアチーズケーキ」(単品 ¥270 / コーヒーとのセット ¥400)。酪農王国・北海道ならではの濃厚な味わいがワンダフル。

サンドイッチと同様に、ホットコーヒーとのセットがおトク。プラス130円、つまり缶コーヒーとそう変わらない値段で注ぎたてあったかコーヒーを付けられます。

甘くてクリーミーなケーキと、スッキリほろ苦のコーヒーの相性もバツグンです。


北海道を代表する菓子メーカー・北菓楼の「バウムクーヘン 妖精の森」(単品 ¥150 / コーヒーとのセット ¥400)も負けてはいません。道産素材にこだわったしっとりバウムクーヘンは、さすが北菓楼と唸らされます。

もちろん、コーヒーと合わせてもグレイト。ただセットでも割引額が小さいので、コーヒーの味にこだわらないならセットで注文せず、安い缶コーヒーを別で買ってもいいかもしれません。

夏だけでなく冬でもオススメ? アイスクリーム

「ミルクランド」北海道の甘味で外せないのがアイスクリーム。スーパー北斗の車内販売でも、「よつ葉十勝アイスクリーム バニラ」(¥290)を販売しています。

よつ葉乳業は北海道でも名の通った牛乳ブランド。クリーミーで芳醇な、北海道牛乳らしいディープな甘さは一級。北国ならではの楽しみ方として、夏だけでなく、冬に暖房がきっちり効いた車内で食べるのもオツですよ。

なお某新幹線のやつとは異なり、固くてスプーンが刺さらないとかはありません。普通の固さです。


このほか、月替わりの「季節のアイスクリーム」(¥320)もあります。

飲み物

ホットコーヒーは単品でも注文できます。値段は300円です。特急でのゆったりとした一時を、アツアツのコーヒーとともに。

このほか、缶・ペットボトルの飲み物も販売されています。

スーパー北斗の簡易車内販売(待ち受け形式)

函館行きスーパー北斗12・14・16号、札幌行きスーパー北斗7・9・11号では、簡易車内販売があります。ワゴンサービスではなく、販売コーナーまで買いに行く必要があります。

短区間のみで実施され、お菓子とソフトドリンクを買うことができます。

  • 函館行き(札幌から苫小牧まで
    • スーパー北斗12号:1号車
    • スーパー北斗14号:3号車
    • スーパー北斗16号:3号車
  • 札幌行き(函館から森まで
    • スーパー北斗7号:3号車
    • スーパー北斗9号:1号車
    • スーパー北斗11号:1号車

「北の特急(+α)図鑑」のトップに戻る

当サイトトップページに戻る