「ゲニウス(北)の北海鉄旅いいじゃないか」

……ゲニウス(北)がお送りする、北海道を中心とした旅行・鉄道情報サイトです。

  1. トップページ >
  2. 北の特急(+α)図鑑 >
  3. 札幌~函館 アルバム

札幌~函館間 アルバム(1/2ページ) / 北の特急(+α)図鑑

ここでは、特急スーパー北斗・北斗などの写真を掲載しています。ただし臨時列車の写真はこちらではなく、「臨時列車の実績」に掲載しています。

以下の画像のサイズは640×360px(360p)です。クリック(タップ)すると、1920px×1080px(1080p)の高画質でご覧いただけます。

もくじ

現在の基本編成

定期列車の基本編成の写真です。

現在のスーパー北斗は、キハ261系1000番台・キハ281系ともに7両編成が基本となっています。

キハ261系1000番台のスーパー北斗。この車両は現在新たな塗装に塗り替え中で、しばしば新旧塗装が混じった編成となります。この列車は前後先頭車で色が違います。(平成29年10月9日、4D・スーパー北斗4号、上野幌)
同じく261系1000番台7両のスーパー北斗。こちらは中間車のキハ260形1300番台で新旧塗装が入り混じっています。(平成30年7月31日、12D・スーパー北斗12号、白石)
キハ281系。北海道初の振り子車両として知られています。(平成29年11月6日、10D・スーパー北斗10号、上野幌)
こちらもキハ281系。デビュー当初から現在まで、基本7両というスタイルは変わりません。(平成29年11月6日、10D・スーパー北斗10号、上野幌)

過去の基本編成

平成29年3月4日~平成30年3月16日

当時はスーパー北斗9往復のほか、キハ183系(NN183系。ただしN183系による代走あり)で運行される特急「北斗」が3往復走っていました。基本編成は全列車7両でした。

NN183系の「北斗」。3号車はハイデッカーグリーン車。(平成29年12月17日、12D・北斗12号、新札幌)

平成28年3月26日~平成29年3月3日

平成28年3月改正でキハ261系1000番台で運行される「スーパー北斗」が登場。スーパー北斗8往復・北斗4往復という布陣で、新幹線アクセスを兼ねる新たな時代を迎えました。この時期はキハ261系のスーパー北斗は基本8両、北斗のうち3往復は7両、残り1往復は6両でした。

基本8両編成のキハ261系スーパー北斗。写真ではわかりづらいですが……。(平成28年8月26日、4D・スーパー北斗4号、白石)
キハ183系の北斗。写真では全くわかりませんが6両編成です。当時は最高速度130km/h非対応のN183系も、1往復だけ北斗の定期運用を持っていました。(平成28年8月26日、6D・北斗6号、札幌)

「北の特急(+α)図鑑」のトップに戻る

当サイトトップページに戻る