「ゲニウス(北)の北海鉄旅いいじゃないか」

……ゲニウス(北)がお送りする、北海道を中心とした旅行・鉄道情報サイトです。

  1. トップページ >
  2. 北の特急(+α)図鑑 >
  3. 札幌~富良野

札幌~富良野:臨時特急「フラノラベンダーエクスプレス」など / 北の特急(+α)図鑑

※平成30年度の「フラノラベンダーエクスプレス」の運行は終了しました(それ以外の普通・快速は通年運行)。次回は2019年6月以降の運行が予想されます。以下、参考として平成30年度運行時の情報を掲載しています。

富良野・美瑛エリアは、言わずと知れた北海道有数の観光地。丘の景色が有名な美瑛に、ラベンダーの上富良野・中富良野、そして「北の国から」の富良野。一度行ったら何度も通いたくなるような、景勝地が連綿と続く地域です。

そんな地域の交通拠点の一つ・富良野と、大都市・札幌の間には、直通の定期列車がありません。ですが、期間限定で、臨時特急「フラノラベンダーエクスプレス」が走り、札幌と富良野をダイレクトに結びます。

富良野で「富良野・美瑛ノロッコ」などに乗り換えれば、さらに中富良野・上富良野・美瑛へと足を運ぶことができます。渋滞しやすい観光シーズンの富良野・美瑛を、スイスイと快適に移動できます。

観光だけでなく、ビジネスや帰省などにも便利な列車です。

運行期間・区間・本数

フラノラベンダーエクスプレスは、札幌~富良野を直通運転します。

ラベンダーシーズンを中心に、1~2往復が運行されます。

平成30年(2018年)の運行期間は、以下の通りです。

  • 下り(札幌 → 富良野)
    • フラノラベンダーエクスプレス1号:6月30日~8月5日
    • フラノラベンダーエクスプレス3号:6月9・10・16・17日、6月23日~8月19日、8月25日~9月24日の土日祝
  • 上り(富良野 → 札幌)
    • フラノラベンダーエクスプレス2号:6月30日~8月5日
    • フラノラベンダーエクスプレス4号:6月9・10・16・17日、6月23日~8月19日、8月25日~9月24日の土日祝

各駅の時刻や臨時列車の運行状況などは、JR北海道のWebサイト、または市販の時刻表でお確かめください。

なお、フラノラベンダーエクスプレスをはじめとした臨時列車の情報は、当サイトの「北海道内の臨時列車情報」でも随時公開しています。

停車駅

停車駅は、「札幌・岩見沢・滝川・芦別・富良野」です。

所要時間・料金

札幌~富良野間、最速1時間55分です。

料金は、通常の運賃・料金で札幌~富良野間片道4,290円(普通車自由席)。おトクなきっぷの「ふらの・びえいフリーきっぷ」を使うと、特急列車で往復 + フリーエリア乗り放題で6,500円となります。富良野までの往復だけでも、おトクとなっています。

また、往路が富良野発であれば、より安い「富良野・札幌往復きっぷ」があります。往復計4,350円と、ほぼ半額となっています。

時刻・運賃・料金について詳しくは、市販の時刻表、またはJR北海道のWebサイトをご覧ください。

なお、フラノラベンダーエクスプレスを使わずに、滝川で特急「ライラック」「カムイ」と普通列車を乗り継ぐ場合の所要時間・料金については、下記「『フラノラベンダーエクスプレス』以外の列車」の項目をご覧ください。

区間所要時間運賃+料金(片道あたり)
最短フラノRE平均通常ふらの・びえいフリーきっぷ富良野・札幌往復きっぷ
札幌~富良野1時間55分1時間59分¥4,290¥3,250¥2,175
札幌~芦別1時間26分1時間31分¥3,960¥3,250-

★ 普通車自由席の場合で算出。指定席利用の場合は520円を足してください。また、最安値は当該区間「のみ」に乗車する場合のもので、他の区間に乗り継ぐ場合さらに安くなることがあります。なお、学割は考慮していません。

車両

形式名車両デビュー年車体傾斜装置担当列車
ノースレインボーエクスプレス平成5年7月なしフラノラベンダーエクスプレス3・4号(8月19日まで)
クリスタルエクスプレス平成元年12月なしフラノラベンダーエクスプレス1・2号
フラノラベンダーエクスプレス3・4号(8月25日から)

それぞれの車両の詳細は、各項目のリンクからご覧ください(一部車両のページは未公開です。ご容赦ください)。

車内(座席など)

座席

グリーン車はなく、全車が普通車です。2~3両が指定席、そのほかが自由席です。

指定席は予約制です。1か月前の午前10時から、全国JR駅のみどりの窓口・指定席券売機、JRの予約サイト「えきねっと」、旅行会社で予約ができます。「えきねっと」の場合はその1週間前から事前受付を行っています。なお、空席があれば当日に駅で買えます。

自由席は、特に予約は必要ありません。

※以下の車内画像はいずれもノースレインボーエクスプレスの画像です。


ノースレインボーエクスプレスとクリスタルエクスプレスは、全車がハイデッカーとなっており、広々とした窓から美しい車窓を見下ろすことができます。

リゾート列車らしい上質な座席で、間隔もゆったり960mmなので、快適に移動できること間違いなし。

クリスタルエクスプレスの3号車2階は4人掛けのボックスシートですが、シートピッチは1800mmとじゅうぶんな広さがあります。家族やグループでの利用に最適。

指定席? 自由席?

ラベンダーが見頃となる7月は、指定席をおすすめします(特に1・2号)。それ以外の時期は自由席をおすすめします。

その他の設備

ノースレインボーエクスプレスとクリスタルエクスプレスには荷物置場があります。大型のキャリーバッグやバックパックなど、荷棚に入りきらない荷物は、荷物置場に置くと便利です。

ノースレインボーエクスプレスの3号車1階と、クリスタルエクスプレスの3号車2か所にはラウンジがあります。指定席利用・自由席利用を問わず、誰でも自由にくつろぐことができます。座席の占領はご法度です。

ノースレインボーエクスプレスの両先頭車(1・5号車)は、大きな窓から迫力の前面展望を楽しめます。

また、列車内には洋式トイレがあります。車いすには対応していません。

設備早見

車内設備(座席数・トイレなど)の情報を掲載しています。

フラノラベンダーエクスプレス1・2号、3・4号(8月25日から)

車両はクリスタルエクスプレスです。

←富良野 1号車2号車3号車4号車 札幌→
指定:36席自由:56席自由:28席(4人掛け固定クロスシート)・ラウンジ(2階)ラウンジ指定:36席
多目的室(1階)

凡例(別ウインドウで開きます)

フラノラベンダーエクスプレス3・4号(8月19日まで)

車両はノースレインボーエクスプレスです。

←富良野 1号車2号車3号車4号車5号車 札幌→
指定:47席自由:60席自由:36席(2階)指定:60席指定:47席
ラウンジ(1階)

凡例(別ウインドウで開きます)

車窓

富良野に向かって左側は、滝川~芦別間で空知川と国道を見下ろす景色が楽しめます。ほか、札幌~滝川間では江別の美原大橋や空知の田園風景を楽しめます。

富良野に向かって右側は「これ」というようなポイントはありませんが、決して退屈な風景というわけではありません。

当サイトとしては富良野に向かって左側をオススメします。

車内販売

フラノラベンダーエクスプレス3・4号では、8月19日まで車内販売を実施していました。

詳細は、車内販売のページをご覧ください。

「フラノラベンダーエクスプレス」以外の列車

「フラノラベンダーエクスプレス」が走っていない時間帯・季節でも、札幌~富良野間を鉄道で移動することができます。ただし、滝川での乗り換えが必要です。

札幌~滝川間は特急「ライラック」「カムイ」などの特急。滝川~富良野間は、毎日運転の普通・快速列車があります

以下、滝川~富良野間の普通・快速列車を紹介します。なお札幌~滝川間の特急については当該記事を参照ください。

詳しい時刻については、札幌~滝川~富良野間の乗り換え時刻表のページをご覧ください。

運行区間・本数・車両

普通列車が7往復+区間列車1本、快速列車が2往復運行されます。快速のうち滝川17:57発の東鹿越行きは快速「狩勝」という名前があります。

全列車、ワンマン運転です。また、4往復は富良野よりも南、東鹿越まで直通します。

運行区間本数車両両数
滝川~芦別~富良野~東鹿越4往復(うち下り1本は快速「狩勝」)キハ40形1~2両
滝川~芦別~富良野5往復(うち下り1本・上り2本は快速)
滝川←芦別上り1本

停車駅

快速列車は東滝川・平岸を通過します。また、富良野20:38発の滝川行き快速列車は、野花南も通過します。

普通列車は各駅に停車します。

所要時間・料金

札幌~富良野間、乗り換え時間込みで最速1時間58分です。

料金は、通常だと3,620円(札幌~滝川間特急自由席、滝川~富良野間普通・快速列車)です。おトクなきっぷの「Sきっぷ」を札幌~滝川間で使えば、片道あたり3,190円。

また、往路が富良野発であれば、より安い「富良野・札幌往復きっぷ」があります。片道あたり2,175円です。

区間所要時間運賃+料金(片道あたり)
最短平均通常Sきっぷ(※1)富良野・札幌往復きっぷ
滝川~富良野56分1時間6分¥1,070--
滝川~芦別(※2)29分33分¥540--
札幌~富良野(※3)1時間58分2時間13分¥3,620¥3,190¥2,175

★ 普通車自由席の場合で算出。また、最安値は当該区間「のみ」に乗車する場合のもので、他の区間に乗り継ぐ場合さらに安くなることがあります。なお、学割は考慮していません。

※1……Sきっぷの範囲外となる滝川~富良野間は別に普通乗車券を購入。

※2……滝川5:49発の東鹿越行きは滝川~芦別間所要34分と推定して計算。若干の誤差の可能性あり。

※3……札幌~滝川間は特急列車の普通車自由席、滝川~富良野間は普通列車の場合。

車内(座席など)

滝川~富良野間の普通・快速列車は、すべて自由席です。

車両はキハ40形気動車。座席は4人掛けボックスシートで、車端部はロングシートとなっています。

  • 座席……自由:ボックスシート44~48席+ロングシート20~22席
  • 設備……

凡例(別ウインドウで開きます)

「北の特急(+α)図鑑」のトップに戻る

当サイトトップページに戻る