「ゲニウス(北)の北海鉄旅いいじゃないか」

……ゲニウス(北)がお送りする、北海道を中心とした旅行・鉄道情報サイトです。

  1. トップページ >
  2. 北の特急(+α)図鑑 >
  3. キハ281系

キハ281系 / 北の特急(+α)図鑑

ここでは、特急「スーパー北斗」で運用されるキハ281系気動車を紹介します。

なお、キハ281系は車体傾斜式車両(振り子車両)です。乗り物酔いが心配な方は、酔い止めの準備をお勧めします。

車両紹介

北海道の歴史を変えた「振り子特急」

振り子制御をフル活用して、札幌~函館間の最短所要時間を30分短縮し、札幌~函館間2時間台を実現。平成6年に鮮烈デビューを果たし、北海道の交通史に偉大なる一ページを刻んだその車両こそ、言わずと知れた北海道の名車・キハ281系です。

JR四国の2000系気動車をベースに、北海道の冬の中でも振り子を機能させるためには、様々な苦労が伴いました。本コーナーの特急「スーパー北斗」「北斗」の歴史のページでも説明しているほか、書籍やテレビ番組でも紹介されていますので、ご興味のある方は調べてみるといいでしょう。

355PSの小型軽量エンジン1両に2基搭載。エンジンを2基、出力軸の回転がそれぞれ逆になるように配置することで、その回転が振り子を邪魔しないようになっています。振り子の傾斜角は5°で、半径600mの曲線を本則+30km/hで通過できます。重心を低くする必要のある振り子列車ながら高運転台の構造となっており、運転士の安全にも配慮されています。

国鉄からJRへ、進化を遂げる車内設備

普通車のシートピッチは、従来から「北斗」で運用されていたキハ183系よりも2cm広い960mm。グリーン車では1145mmと広々。余裕の空間で、快適なひとときをいかがでしょうか。

現在、普通車指定席はグレードアップ座席に換わっています。座席が普通車としては大きく、ガッチリと体をホールドしてくれます。グリーン車も製造当初のものよりも上質な座席に換わっており、満足のいく旅をサポートする名優へと進歩を遂げています。

平成2年登場の785系電車に並び、JR北海道の特急車両の接客設備の標準を作ったキハ281系。「国鉄からJRへ」を印象付ける洗練された車両で、製造から20年以上を経た今でも、色褪せる気配はありません。

車内設備紹介

グリーン車

3号車はグリーン車です。現在では、平成20年から登場した新しい座席に換わっています。

大型の座席で、周囲の目線が気になりづらい構造になっています。モケットの色は茶系で、形には丸みがあるので、落ち着いた優しい雰囲気があります。


座席は3列だから、前後だけでなく横にも広々。片側は一人掛けです。

シートピッチはタップリ1145mm。さらにフットレストが付いており、高さを調節できます。ゆったり足を伸ばして、至福のひとときを。

ヘッドレストは上下に動かせるだけでなく、耳に角度を付けることができます。お休みの間でも、ヘッドレストが頭部をきっちりキープ。


座席のテーブルも広さが自慢。コーヒーや駅弁だけでなく、ノートパソコンを置けるラージサイズ。ビジネスにも観光にも役立つこと間違いなし。

前後にスライドするので、リクライニングしながらでも作業を続けることができます。お食事にも便利。


肘掛けの下にはパソコン用コンセント(AC100V・50Hz)も用意。ノートパソコンの電池を気にする必要はありませんね。

ほか、座席には読書灯を装備。ライトの向きは手で変えられます。

チケットホルダーも採用。きっぷを入れておくと、乗客が寝ていても車掌がきっぷを検札してくれます。きっぷの取り忘れにはご用心。

普通車

普通車指定席は「グレードアップ座席」。大型で体にやさしい座席で、シートピッチは960mm。さらに、普通車にもかかわらず、上下に動くヘッドレスト付き。札幌~函館間乗り通しでも、途中の登別や洞爺、大沼公園への移動でも、がっかりさせない指定席です。

それぞれの席には、テーブルやドリンクホルダーのほか、チケットホルダーが装備されています。


指定席のうち、5号車は車いす対応の一人掛け座席があります。後述するように5号車には車いす対応トイレもあるので、車いすでも使いやすくなっています。


自由席は製造当初の座席そのままです(グレードアップ座席の場合もあります)。シートピッチは同じく960mmですが、座席は一回り小さく、ヘッドレスト・ドリンクホルダー・チケットホルダーはありません。

その他

乗車口はノンステップですが、駅のホームとの段差にご注意ください。

近くにはゴミ箱がありますので、駅弁を食べた後などのゴミはこちらへ。


普通車のうち、グレードアップ座席の車両の客室には、荷物置場があります。大型旅行など、大荷物が多い場合は、網棚のほか荷物置場を利用するのもいいでしょう。

偶数号車の札幌寄りの車端部にも荷物置場がありますので、客室内に荷物置場のない3号車(グリーン車)に乗車する場合はこのうち2号車の荷物置場を利用すると便利でしょう。

5号車には多目的室があります。多目的室は気分が悪くなった場合や授乳する場合などに、車掌もしくは客室乗務員(一部列車に乗務しています)に申し出ると使用できます。


3号車の車掌室はオープンカウンターになっています。車掌が車内を巡回されている時は、カウンターは閉まっています。


5号車には、車いす対応の洋式トイレがあります。手すりが設置されており、車いすなどのハンディがある方でも利用できます。

中には、洗面台のほか、おむつ交換台が備え付けてあります。小さなお子様をお連れの方も安心です。


5号車以外の奇数号車にも洋式トイレがありますが、こちらは車いすに対応していません。

中には、洗面台とおむつ交換台が備え付けてあります。


洋式トイレの近くには、男子用の小便器が設置された小部屋もあります。

設備・性能一覧

設備一覧

←函館 1号車2号車3号車4号車5号車6号車7号車 札幌→
指定:46席指定:58席指定:26席指定:58席指定:49席自由:58~60席自由:46~48席

凡例(別ウインドウで開きます)

6・7号車の座席もグレードアップ座席の場合があります。

車掌は3号車に乗務されます。

性能一覧

車体ステンレス鋼製
最高速度120km/h
エンジンN-DMF11HZA(355PS / 2100rpm)×2基 / 両
変速変速1段・直結3段
曲線通過速度(振り子作動時)R≧600mで 本則+30km/h
600m>R≧400mで 本則+25km/h
400m>Rで 本則+20km/h
ブレーキ電気指令式空気ブレーキ(排気ブレーキ付き)

参考文献

  • 北海道旅客鉄道(株)運輸部運用車両課 千葉茂男「キハ281系量産車」、『鉄道ファン』1994年2月号、交友社
  • 『名列車列伝シリーズ⑯ 特急北斗&JR北海道の特急列車』(2002)イカロス出版
  • JR北海道プレスリリース(平成23年10月13日)「グリーン車の座席をリニューアル!」(http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2011/111013-2.pdf)、北海道旅客鉄道株式会社Webサイト、平成29年3月30日閲覧
  • JR北海道プレスリリース(平成25年9月20日)「11月以降のダイヤについて」(http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2013/130920-1.pdf)、北海道旅客鉄道株式会社Webサイト、平成29年3月30日閲覧

キハ281系が使われる列車

  • 特急「スーパー北斗」
    • 札幌発函館行き:スーパー北斗2・10・14・16・24号
    • 函館発札幌行き:スーパー北斗1・5・7・15・21号

「北の特急(+α)図鑑」のトップに戻る

当サイトトップページに戻る