鉄道貨物フェスティバルIN札幌2018ルポ - ゲニウス(北)の北海鉄旅いいじゃないか
「ゲニウス(北)の北海鉄旅いいじゃないか」

……ゲニウス(北)がお送りする、北海道を中心とした旅行・鉄道情報サイトです。

  1. トップページ >
  2. 素人流・鉄道観察 >
  3. 鉄道貨物フェスティバルIN札幌2018ルポ

鉄道貨物フェスティバルIN札幌2018ルポ(平成30年5月22日)

平成30年(2018年)5月20日に、JR貨物の札幌貨物ターミナルで「鉄道貨物フェスティバルIN札幌2018」が開催されました。

普段は一般人の立ち入れないターミナルを見学できるいい機会なので、ボクも足を運んでみました。その模様をかる~くお届けします。


会場へはJR白石駅と地下鉄大谷地駅からシャトルバスが出ていました。でもそんなの関係ねぇJRで行く。JR平和駅から長い長い人道橋で南口に出て、そこから徒歩1分です。

先着順に抽選券を配っていたので、入場口には長蛇の列。人道橋まで列が続いていました。

さて会場内ですが、主に家族連れ向けにいろいろなイベントがありました。

JR貨物はじめ、関連会社などが輪投げなどの催しを実施。また場内ではスタンプラリーが開催されていました。

物品の販売もあり、天然水「ゆきのみず」など貨物列車で運ばれている「エコレール商品」が売られていたほか、道南いさりび鉄道もブースを出していました。

中でも目玉といえるのが、野菜の詰め放題。じゃがいも・玉ねぎのいずれかを100円で大量ゲットできるおトクなイベントでした。ボクはじゃがいもをいただきました。冷蔵庫の肥やしにならないように、いろいろ使いたいと思います。

また、地元の子ども会や、キッチンカーなどが出店していて、食事をとることもできました。お昼時には長い行列ができていました。

札幌市白石区のマスコットキャラ「しろっぴー」も駆けつけてくれ、イベントを盛り上げていました。

さらにステージイベントも開催されており、地元の児童・学生による「川下太鼓」の演奏や、○×クイズなどが実施されていました。

メインイベントは、札幌白石高校の吹奏楽部の演奏です。白石高校の吹奏楽部は全国大会にもよく出場しており、道内外を問わず名の通った部です。白石区民曰く「わが区の誇り」とのこと。

鉄道にちなんで「銀河鉄道999(THE GALAXY EXPRESS 999)」(ゴダイゴ)から始まり、小さな子どもが多数来ていることを意識してか、その親御さんたちの世代に合わせた曲をいくつか披露していました。

学生の部活の活動を見るというよりは、もう普通に曲を聴いてしまいます。さすがは全国区です。

明らかに鉄道とかは抜きでこの演奏だけを聴きに来ている人もおり、演奏会はかなりの盛況でした。

風が強く、楽譜が飛んでしまうハプニングが何度も発生しましたが、演奏が乱れることはありませんでした。

なお、ここまで紹介してきたイベントは、すべて貨物コンテナを使っていました。コンテナの中で演奏する奏者ってのはなかなかレアモノです。

初めて訪れる貨物ターミナルの中を歩けただけではなく、野菜をおトクにゲットできて、いい演奏を聴けて、と充実したひとときにすることができました。


「あれ、肝心の鉄道は?」

……

「……え、なんもなし!?」

ふふっ、そんなワケないじゃないですか。鉄道に直接関係する出し物も、ちゃんといろいろありましたよ。

本当の目玉は、DF200形ディーゼル機関車の体験乗車です。通常は絶対乗れない機関車に乗って、走りを体感できるというおいしいイベントです。

さらに、機関区をめぐるツアーも開催されていました。

ただし、この二つは人数限定で(先述の「抽選券」は体験乗車の抽選券です)、未来のある子どもからこれらの貴重な体験の機会を奪うのは気が引けたので、いずれもパスしています。

じゃあ一体何を見ていたのかと言うと、コンテナを運ぶフォークリフトの実演です。大型のコンテナを持ち上げた状態で元気よく走り回るリフトを見るのは、なかなかに迫力がありました。

また、DF200形・HD300形両機関車の展示もありました。本線を走行するDF200形はともかく、入換用のHD300形は間近で見る機会が少ないので、貴重でした。でも掲載写真はDF200。ヘッドマーク付きだったから。

他にもいくつか鉄道関連の催しがありましたが、子ども向けのものが大半でした。鉄道ファン向けには一応鉄道用品の販売もありましたが、ボクが興味を持つようなものはありませんでした。

客層としても家族連れがほとんど。イベントが大人向けではないのに加えて、そもそも日本の鉄道ファンは貨物列車に興味を持っている割合がかなり低いというのもあるでしょう。まあボクの趣味も旅客列車中心ですけどね。

子ども向け以外のイベントをだいたい見終わったあたりで、帰宅しました。帰りはシャトルバスにしようかと思いましたが、30分に1分という心許ない本数だったので、平和駅まで歩いてJRで帰りました。やっぱ大きなイベントのアクセスは大量輸送機関である鉄道が安定しますね……と思ったら、ボクが乗った列車の1本後からダイヤが乱れたようです。危ない危ない……。


果たしてこの記事は「鉄道イベントを紹介する記事」と言えるのだろうか。どっちかというと白石高校がメインの記事になっちゃってるジャマイカ……。

ともかく、貨物列車に触れられる貴重な機会を楽しんでまいりました。貨物列車好きでもない限り、遠方からわざわざ訪れるほどのイベントでもないとは思いますが、JRまたは地下鉄東西線の沿線にお住まいの札幌市民の方で、鉄道好きなお子さんがいらっしゃる方にはオススメのイベントです。来年開催されるかどうかはわかりませんが、開催される場合は足を運んではいかがでしょうか。

ボクは貨物列車に興味がないわけではありませんが、当サイトではJR北海道のダイマをサイトの主目的にしている関係で、なかなか貨物列車に関する話題に触れられていませんね。たまには貨物の話題も取り上げていきたいかな、と考えています。なかなか機会がないかとは思いますが、ね……。

「素人流・鉄道観察」のトップに戻る

当サイトトップページに戻る