「ゲニウス(北)の北海鉄旅いいじゃないか」

……ゲニウス(北)がお送りする、北海道を中心とした旅行・鉄道情報サイトです。

  1. トップページ >
  2. 素人流・鉄道観察 >
  3. さようなら、キハ285系

さようなら、キハ285系(平成30年3月9日)

試作車が製造されたにもかかわらず開発中止の憂き目にあったという、前代未聞の迷列車、JR北海道キハ285系。この試作車ですが、残念ながら活用されないまま廃車解体となってしまいました。

今回は、在りし日のキハ285系の画像を公開しつつ、ちょっと解説のような何かをしてまいります。今更なネタではありますが……。

※この記事は平成30年3月9日公開の新規記事として公開していますが、実質的には平成26年11月12日に公開した記事「こんにちは、キハ285系」を改題したうえで、全面改稿を行ったものです。内容が以前と全然違ううえ、初版執筆以降に判明した情報も新たに掲載したので、「新規記事」扱いにします。

生前のキハ285系のようす

まずは画像ラッシュでございます。

全て、駅の西にある跨線橋の上から撮影。つーか、そこか列車内から撮るかしかないですよね。

1枚目は、斜めから。今までの車両とは違う前面形状が特徴的で、最初は「なんだこりゃ」と思いましたが、これはこれで愛くるしいなあ、と思い始めているのもまた事実。……つーかこの時点で車体がすげぇ傾いてる。さすがハイブリッド車体傾斜システム。

で、次は正面から。試運転ではないので、ヘッドマークは掲出していません。本来なら、「スーパー北斗」が掲出されるべきだったのでしょうが……。

しばらく車両を眺めていると、丁度入れ替えを行っていたので、キハ285系を移動させる場面がありました。その写真がこちら。DE15 2516に牽引されて移動している様子です。実はこの機関車の存在をこの日初めて知りました。

その後しばらくして、函館線をマヤ検が走り抜けていきました。何の因果か、当時キハ285系が置き換え対象としていたマヤ34形との邂逅です。まあ、キハ285系による置き換えは実現しなかったワケですが……。というかこの写真、金網が写ってしまっていますね……。

廃車という「損切り」

さて、このせっかく作ったキハ285系ですが、先述の通り廃車解体されてしまったワケです。

検測車への改造など、何らかの形で活用されるのではないかと様々噂されていましたが、結局なんにも使わないままご臨終。かわいそうないりは博士……。

この3両を造るのにかかった資金は、もろもろ込みで25億円程度らしいです。速達化への夢がつまった大金が、一瞬にして固定資産処分損に化けてしまいました。

ピカピカの新車と、25億円という資金。そのまま捨てるにはあまりにもったいないな。どうしてもそう感じてしまいます。

というか鉄道史にとんでもない1ページを書き込んでしまったワケで、道民として、鉄道ファンとしてすごいイヤな気分です。

このキハ285系の廃車、どう理解すべきでしょうか。


突然話がぶっ飛びますが、投資の世界には「損切り」という言葉があります。

損切りとは、投資した商品が値下がりしている時、それ以上値段が下がる前に売ってしまい、損失を抑えるという方法です。

一体どういうことか。株式を例にとった架空のお話で見てみましょう。

あなたは「後藤水産」という札幌の会社(架空です。某水産会社とは一切関係ありません)の株を、1株1000円で買いました。この会社は北海道近海で獲れる「金イクラ」(架空です)を仕入れて加工し、人気商品を生み出し、株価がどんどん上がっていました。あなたは、この株価がさらに上がることを期待して、投資をしたのです。

ところが、金イクラの仕入れ先である「ヒグマ商会」(架空です。スプラ? 何の話?)が、ある日突然倒産してしまいました。

なんでも、下手をすると行動不能になるほど危険な漁を、年端もいかないボーイやガールを使役してやっていたというのです。これが明るみに出るやヒグマ商会はバッシングの的となり、会社の存続が不可能となってしまったのです。

後藤水産は大打撃。金イクラが仕入れられないので主力商品が出せず、経営が傾いてしまいました。株価も900円まで下がりました。

ここであなたは、株を売るかどうかの判断を迫られます。

今手放せば、1株あたり100円の損失になります。それを嫌って、株価上昇に期待して株を持ち続けるのも一つの判断です。

ですが、このままだと下手をすれば後藤水産の株券は紙切れになっちゃいます。

今手放せば100円損失、ということは、です。裏を返せば、それ以上は損をしないということです。

株価が上がるなどという根拠のない期待を捨て、今株を売り、損失額を100円で確定させる。これが「損切り」です。


キハ285系の話に戻ります。

確かに、キハ285系をスクラップにしてしまえば、開発・製造費25億円が、まるまるムダになります。

しかし、この25億円の産物を活用しようとすると、結局コストが余分にかかってしまうのです。

まず検測車転用プランですが、報道によればキハ285系の改造よりも、マヤ35形客車の開発・製造(14億円)の方が安く上がるようです。また、キハ285系3両よりも、マヤ35形1両(無動力)+キハ40形2両の方がランニングコストが小さいことは、火を見るより明らかです。

であれば、改造するだけ損ということになります。

では、そのまま旅客列車として活用できないのか。短い3両編成ですが、臨時「北斗」、「ニセコ」などで使えそうですし、「流氷特急オホーツクの風」を復活させてそれに充当、とかもありそうです。

でも、そうしなかった。一体全体どういうことなのか。

また喩え話入ります。あなたはとある会社の事務員です。髪の色は緑かもしれないし違う色かもしれません。

オフィスには、キャノンのプリンタと、エプソンのプリンタと、富士ゼロックスのプリンタが一つずつあります。ちなみに、いずれも会社の所有物で、機能はほぼ同じです。

ある日、3台のプリンタが一斉に壊れました。あなたはこれら3台を直さなきゃいけません。

でも、3台ともメーカーが違うので、直す手順も違います。あなたは必死で頑張りますが、説明書3冊を読むのに時間がかかり、手順も違うので作業をルーチン化できず、なおさら時間がかかってしまいました。

もし、3台とも同じ会社の同じ機種だったら、こんな苦労はしなくて済んだでしょうに……。

――要するに、そういうことです。

鉄道車両というのは、ふつう同じ車種を大量投入します。違う車種を入れたり、同じ車種でも違う製造会社から納入したりする場合でも、できるだけ機器などの構成を統一します。メンテナンスが楽だからです。

そこへ行くと、キハ285系は超・少数派の車両であり、なおかつハイブリッド車体傾斜やモーターアシストハイブリッド動力という特殊なシステムを搭載しているので、メンテナンスのしやすさについて言えば最悪レベルと言っていいでしょう。

特殊構造であっても、当初の計画通りに量産されていれば、メンテの難しさという欠点も薄めることができたでしょう。しかしながら、開発を中止した以上は少数派になることは確定なので、キハ285系はもはや現場にとっての厄介者にしかなりません。

なお、これはどの鉄道会社にしてみても同じことですので、キハ285系を引き取りたいなどという会社は現れようもありません。現れたとしたらその会社の将来を案ずるべきです。

メンテの手間が増えて、現場の余裕がなくなれば、またあの時のような重大インシデントにも繋がりかねません。そうなれば、損失何億という次元を通り越して、会社存亡の危機にまでなってしまいます。

よって、キハ285系を旅客列車として活用するにしても、メンテナンスの点で大きなデメリットとなり、結局大損となります。

キハ285系の廃車は、実は損失を最小限に抑えることができる措置なんです。もったいないとか、25億が惜しいとか、そういう感情をさし挟んでキハ285系を残すというのは、完全に本末転倒なワケです。余計に損するハメになるんですから。

つまり、JR北海道はキハ285系という車両をいわば「損切り」したということです。キハ285系はスッパリ諦めて、損失を25億円で留めておけば、それ以上のムダは発生しませんし、メンテナンスの現場にとっても良いニュースとなります。

まあ、キハ285系は固定資産、株は投資商品、ということで全く同じものではありませんが、発想としては損切りに近いのが分かるでしょうか。

余計な出費を抑えるためにキハ285系が犠牲となり、その上に北海道の希望ある未来が待っているなら、何も悪いことではありません。

よって、ボクはキハ285系を潰したJR北海道の判断を支持します。


ボクは今までの様々な経験・見聞から確信しています。成功するのは、損を切れる人間だと。

損を切れない人間は、必ずどこかで破滅すると。

皆さんは、どちらですか?

進むJR北海道の車種統一

先ほど、プリンタの喩え話を使って「車種統一」の大切さを説明しました。そのついでに、本題からは外れますが少々。

ここまでの話を応用すれば、こんなことも言えるのです。

785系の廃車も、それと同じことだ」と。


特急「スーパー白鳥」が運行を終え、789系基本番台は特急「ライラック」に転用されました。これによって、785系NE-1~5編成・NE-303ユニット(バッタ)の計27両が廃車されました。

このうち、平成14年製のuシート車と、8年間休車となっていたNE-303ユニットは、経年的にはまだ働けるレベルです。ネットではこれらの車両の活用を期待する意見が散見され、空想めいたプランがいくつか流布されていました。

でも、活用されなかった。

結局、これもキハ285系と同じことなんです。

仮にこれらの車両を何らか活用しても、少数の形式となってしまい、メンテの面で不利です。

まして789系と混結なんて考えられません。経年も座席定員も車輪径も構体構造も違う車両を混ぜても、何のメリットもありません。

NE-303ユニットがスーパー白鳥に充てられたのは、あくまで新幹線開業を見据えた短期間の「つなぎ役」としてです。そういう特殊事情がない限り、車種統一の方がメリットになるはずです。

であれば、素直に789系を増備するのが得策です。普通列車転用にしても733系あるいはH100形を作った方が結果として安上がりになるはずです。

おそらくは残存する785系2編成も、789系増備によって全車置き換えられるでしょう(この際、余剰となっている789系HE-301・302ユニットの活用はじゅうぶんにあり得ます)。それもまた運命。


さらに言えば、平成15年製の721系8次車もまた、同じような運命をたどるでしょう。

現在は6・7次車以前の車両にサンドイッチされる形で3・6両編成を組んで走っていますが、遅くとも6・7次車が限界を迎えるであろう2029年ごろには、編成ごと引退を迎えるでしょう。

この車両をどうにかして活用するよりも、733系もしくは新形式の電車を作った方がよっぽど楽です。


こんな風に考えれば、今JR北海道がやっていることもよく理解できると思います。

車種統一によってコストが下がれば、必要な路線の維持も少しは楽になります。また、メンテの現場の負担が減れば、それだけ安全性向上に繋がります。

納得していただけたでしょうか。異論があれば是非お寄せください。

今回はキハ285系の廃車というトンデモニュースを切り口に、いろいろ解説を試みてみました。いかがでしたか。

この記事が今後の鉄道議論の助けになるならば、せめてもの弔いになってくれるかな。ちょっとそんな思いがあったりなかったり。

いやぁ、でも一回くらいは体験試乗してみたかったかな。そのくらいは工場内でやってくれてもよかったのに……。

「素人流・鉄道観察」のトップに戻る

当サイトトップページに戻る