オータムフェスト2016に行ってきました - ゲニウス(北)の北海鉄旅いいじゃないか
「ゲニウス(北)の北海鉄旅いいじゃないか」

……ゲニウス(北)がお送りする、北海道を中心とした旅行・鉄道情報サイトです。

  1. トップページ >
  2. 独り言 >
  3. 平成28年9月21日

オータムフェスト2016に行ってきました(平成28年9月21日)

もはや当サイトでは毎年恒例となったオータムフェストの記事。今年ももちろん出しますよ。

というわけで、来場者数が雪まつりに迫りつつあり、名実ともに北海道最大のイベントとなりそうな勢いのさっぽろオータムフェストに、今年も2回行きましたので、食べたものを一斉紹介といってみます。

なお、出店している市町村は毎週変わりますので、ご注意ください。

前の年に行ったときのレポートはこちら→「オータムフェスト2015に行ってきました」「オータムフェスト2015に行ってきました②」

翌年もエンジョイジョイしました→「オータムフェスト2017に行ってきました」

食べたもの紹介(9月17日)

まず1回目、9月17日に食べたものを紹介します。いずれも8丁目会場で購入・実食。

まず本日のサラダ(?)、芽室町の「めむろ産ごぼうスティック」、250円。

十勝地方は先日の台風10号で甚大な被害を受けました。芽室町も、例外ではありません。被害の大きい南富良野・新得・清水の各町には義捐金を送ってありますが、芽室はまだなので、せめてということで芽室から一品チョイスすることに。中でもおいしそうだったごぼうスティックを購入。

これが大当たりでした。ごぼう自体のモノが良く、コリコリとした食感がたまりません。さらに、衣の食感と、程よく効いた塩味がベストマッチ。一発目にして、この日一番おいしいと思った商品です。

続きまして、主菜として、美幌町の「びほろ産ジャンボ豚くし」、300円。

美幌町も、8月の豪雨に見舞われた地域です。芽室と同様に、応援という名目で選択しました。

味はもう「うまい」の一言。肉は脂がのってえもいわれぬおいしさでした。とにかく素材がいいのでしょう、純粋に「うまい」んです。それ以外のコメントが出てこない……。

それにしても、毎度毎度オータムフェストでものを食べると感じることではありますが、やっぱり北海道のお肉はおいしい。「日本の畜産は世界に勝てる」。改めて、この豚くしがそう確信させてくれました。

メインディッシュとして、白糠町の「白糠シカまん」1個と「白糠シカ揚げまん」3個のセット、400円。なお、シカまん2個入りが300円・シカ揚げまん6個入りが500円で、それぞれ単体で出されていました。

実はボク、鹿肉を食べるのが(確か)これが初めて。食べる機会があまりなかったうえ、前年の道東旅行では健康上の問題がある可能性があるという文献を読んで不安視してしまったためにパスしてしまいました。今年、この機会に思い切って食べてみることに。

鹿肉は味にクセがあることで知られます。そのため、受け付けない人も多いようです。ボクも、最初は独特の味に若干苦戦しました。しかし、食べ進めていくと、だんだん慣れてきまして、おいしいと感じるようになりました。慣れてしまえば、一般的なお肉と大きく変わらない、と思いました。もちろん感想には個人差がありますので、ご注意。

食後に、深川市の「ふかがわワイン 赤」。グラスで300円でした。

当サイトで酒類が登場するのは、これが初めてとなります。というのは、ボクが普段酒をほとんど飲まないからですね。気付けの目的、あるいは緊張する場面の後とかで全身にガチガチに力が入ってどうしようもない時以外では、まず飲みません。実はこの日、所用の後でおもいっくそ体が緊張状態だったので、ほぐす目的があってセレクトしました。

まあ普段全然ワインを飲まないワケで、ワインを飲んだからって何ンてコメントすりゃいいのか全くわからんのですが、とりあえず若干からめなのかな、と。調子を崩さないようにゆっくり飲んでました。

食べたもの紹介(9月19日)

2回目は、翌々日の9月19日。これまた8丁目会場です。

この日は今までと趣向を変えて、安い商品をあちこち食べ歩くのではなく、食べる数は減らしても思い切ってやや高めのものを選ぶことにしました。

メインに選んだのは、礼文町の「最北のバフンうに飯」。お値段、800円。

実は、礼文島には今年7月の旅行で行くつもりだったのです。忙しい中でなんとか日程を調整して、突貫で準備して稚内まで行ったはいいのですが、心身の調子が悪いうえに天気が悪く、最悪の場合周りになにもない場所でなす術もなく雷に打たれて完全終了するおそれがあったため、礼文島部分の旅程を破棄して逃げ帰ったので、礼文島入島は果たしていません。

礼文島には若干申し訳ない気持ちがあったうえ、その旅行で道北のメシが尋常じゃなくうまいことを理解していたので、礼文町からひと品選ぶことにしました。選んだのが、ご飯ものなのでメインディッシュにできるうに飯だったワケです。

中身は、新鮮なウニのほか、サケも入っていました。もちろんウニもすさまじくおいしかったのですが、印象に残ったのはサケ。ギッチリ脂がのっていて、もう「シャケうめえ、シャケうめえ」って言いながら食べてました。

前の年に食べた留萌のうにめしも、相変わらず行列していましたが、礼文とどっちがおいしいでしょうね。なにせ一年も間が空いているので、比べようにも比べられません……。

もう一品、利尻町の「利尻産タコカツ串」、なんとたったの100円。利尻町はオータムフェスト初出店で、「お試し価格」として安く商品を出していました。

前年の記事で利尻富士町の商品にダメ出ししていましたが、今回のタコカツ串はなかなかの当たり。タコのプリプリの食感に、上の衣のサクサク感、さらに程よく効いた塩味が……って、なんかさっき別の商品に似たようなコメントしたような……?

1回目がお肉中心だったので、この日は海産物中心にしようと思って商品を見たら、期せずして利尻礼文特集になっちゃいました。普段はできるだけ地方が被らないように選ぶのですが、思いっきり宗谷の離島に偏る結果に。

オータムフェストは大通公園ほぼ全体で開催。8丁目以外でも、北海道の食の粋を集めた出店がズラリ。皆さん、ぜひどうぞ。ただし、酒に酔ってまわりのお客様の進路妨害などの迷惑をしないよう願います。

ボクは来年以降も何とか道内に留まることができる見通しなので、多分来年もオータムフェスト行きます。で、また記事書きます。お楽しみに~。

「独り言」のトップに戻る

当サイトトップページに戻る