「根室さんま直送市」で海の幸パラダイス! - ゲニウス(北)の北海鉄旅いいじゃないか
「ゲニウス(北)の北海鉄旅いいじゃないか」

……ゲニウス(北)がお送りする、北海道を中心とした旅行・鉄道情報サイトです。

  1. トップページ >
  2. 独り言 >
  3. 平成28年9月8日

「根室さんま直送市」で海の幸パラダイス!(平成28年9月8日)

いよいよ食欲の秋が近づいてまいりました。本日は、札幌の道庁赤レンガで開催された「根室さんま直送市」で、根室産の旬のサンマを実食してきました。

……平日に何やってんだ、って? 大学生特権ってヤツです。


イベントが始まるのは午前10時。ボクはそれに合わせる形で、2分前くらいに道庁に着きました。

開始直前の時点で、一部の屋台の前には行列ができていました。ボクの狙い目はさんまの炭火焼。平日だし、テケトーに並んでればすぐ手に入るだろう、と思っていましたが、少々誤算だったようです。

しかし、ずいぶんと長い行列だなあ……。

と考えつつ、20分ほど並んでいたのですが、いっこうに列が進みません。なんかイヤな予感がしたので、周囲を見渡すと……。

「あ、これ違う列だわ。」

どうもボクは間違ってサンマの冷凍パックを買う列に並んでいたようで、急いで炭火焼の列に移動。言い訳すると、2つの列がつながってるように見えたんです。カンペキ自己弁護ですが、他にもそう勘違いしたっぽい人が複数人いましたから……。できれば、列が一列に見えないような整列を促すか、各列の最後尾に看板がほしかったかな(そういうこと気づいたらその場で言いなさいよ)

炭火焼の列でも、焼き立てを提供している関係で10分以上の待ち時間が。テレビの取材班と思しき人たちがしきりにカメラを回したり、インタビューをしたりと忙しそうにしていました。一方、屋台ではどんどんとさんまが焼かれており、煙たいながらもいい香りが漂っていました。

さあ、ようやっと購入。さんま炭火焼、200円。

なお、近くの屋台では他の食べ物が売られており、「さんま食うならごはん欲しいよなあ」と、おにぎり(100円)を買いました。


食事ができるスペースに移動し、実食です。テーブルに置いてあった歯舞昆布しょうゆを使いつつ、食べていきます。

根室のさんまがおいしいのはもう食べる前からよくわかっていたことですが、やっぱり一口食べると感動というか、驚愕してしまいます。普段食べているさんまと、どうしてこんなに差があるのか……!

やっぱり旬で、しかも獲れたてとあってか、脂の乗り方が尋常ではありません。純粋に「うまい」、さすがのお味でした。

根室は昨年「道東グルメ時代」で訪れましたが、食事はエスカロップを優先していたうえ、回らない寿司屋に単騎がけするのも気がひけるので、さんまは諦めました。ですが、1年ごしながらこうして根室の旬のさんまを食べることができたのです。これで300円プラス交通費、安すぎると言っていいでしょう。


ほか、屋台では根室地方の特産品がいろいろと販売されていました。先ほど使ったしょうゆを含め、海の幸を中心とした商品がズラリ。


「根室さんま直送市」は、翌9日も開催されました。言うまでもありませんが、イベントはすでに終了しています

……というか、当サイト(の前身)では毎年オータムフェストの話をしてますし、なんかボクって毎年9月になると食べ物の話ばっかりになりますよね……。

まあ、食欲の秋だから、ってことで。……え、旅行記とか見たら年中食いしん坊じゃねえか、って? 気にするな!

「独り言」のトップに戻る

当サイトトップページに戻る